FinCoinはどのような仮想通貨か?




FinCoinとは?

FinCoinは2017年7月に公開された比較的新しい仮想通貨で、通貨単位は「FNC」を使っています。

あまり大きな価格変動を引き起こさないように開発チームが戦略を練っている点が評価されています。安定して適度に成長していくことを目標にしており、いわゆる「ボラリティの低い」通貨です。

この記事では、FinCoinの3つの特徴について紹介します。

FinCoinの3つの特徴
  • オンラインショッピング用
  • 機密保持
  • バランスの良い売却戦略

オンラインショッピング用

FinCoinは日常的な利用、特にオンラインショッピングで使ってもらうために設計された仮想通貨です。安定したレートで世界のどこでも安心して支払い・決済ができるという通貨を目指しています。

世界中の商品やサービスを世界のどこでも誰でも購入できるための媒介となるのがFinCoinのコンセプトです。価格を適切にコントロールして、国際的に通用するために努力しています。

機密保持

仮想通貨の保有で心配になるのが、ハッカーやクラッカーからの攻撃です。

FinCoinの開発ではIT攻撃防御を重視しており、ハッカーからの攻撃や盗難からユーザーを守るプログラムを備えています。ユーザーも、機密保持の条件に従って行動する必要があり、ルールが厳密に定められています。通貨のやり取りを記録してトランザクショが実行されるときにユーザー情報は保護しますが、トランザクションそのものは公開されます

バランスの良い売却戦略

FinCoinは開発・運営しているチームが、あまり大きな価格変動を引き起こさないように、効果的に通貨を発行・売却しています。

ブロックチェーンアルゴリズムは公開されており、ユーザーはすべての決済取引の統計にアクセスすることが可能です。低いボラリティとなるよう慎重な運営が行われています。FinCoinの目標は日常的に誰もが、どこでもサービスを受けたり商品を購入したりできる世界の実現です。

FinCoinの将来性

FinCoinはバランス良く成長していくというのが主要な目標です。そのため、あまり大きな価格変動は期待できません。

取引開始時の価格と最高値は1.9倍に過ぎませんでした。投資対象というより、FinCoinのコンセプトに賛同できる人が買っていく通貨です。日常利用を目指しており、デビットカードの発行もしています。多くの機能を持っていますが、他の通貨のような際立ったサービスは行われていません。

ただ、少額投資から高いリターンの目指すことは可能なシステムと言われており、公式の動きに注目しておきましょう。

FinCoinは他の仮想通貨との差別化がポイント

FinCoin (FNC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始直後は大きく値を上げ、数ヶ月は乱高下を繰り返しながらも中期的には下降傾向にありました。2018年初頭に再度高騰しますが、その後徐々に下降していきました。直近数ヶ月は大きな変動なく推移しています。

オンラインショッピングなどの利用を想定しており、そのために価格のコントロールをして乱高下の起きない仮想通貨を目指している点は理にかなっていて、評価すべき方向性です。しかし、同じ目的を持った仮想通貨は他にもあり、デビットカードの導入などもしている仮想通貨は存在しています。それらの仮想通貨との差別化が出来ているかや、ロードマップの進捗は進んでいるかなどは常に注目すべき点でしょう。FinCoinが頭角を現すかどうか、今後の進捗に注目です。

FinCoinの主な取引所
取引所の記載はありません。