最も有力な技術を組み合わせた仮想通貨Farad




仮想通貨FaradはEthreumのブロックチェーン技術をベースに開発され、2017年8月にザ・リッツ・カールトンにあるドバイ国際金融センターで取引を開始しました。

世界中の金融機関や証券会社が支社を置く金融自由地域でデビューした仮想通貨は他に例はありません。

Faradはドバイで開発され、最も有力な2つの産業をつなげた仮想通貨だと言われています。

Faradについて
・エネルギー貯蔵とインターネットを結びつけた仮想通貨
・契約の自動実行
・Faradの価格推移と購入方法

エネルギー貯蔵とインターネットを結びつけた仮想通貨


Faradは急速に進歩を続けるエネルギー貯蔵とインターネットの技術を結びつけた仮想通貨です。

この仮想通貨は中国のGuangxi Aerospace Beidou New Technology Co. Ltd.のという会社が生産するファラッド・ウルトラ・コンデンサという次世代のコンデンサ(電荷を蓄える受動素子)の購入権利を表すもので、マイニングも製品の生産と関わっています。

ファラッド・ウルトラ・コンデンサは同じ体積で従来の100倍の電力を貯蔵し、100倍の電力を供給することができます。

蓄電や放電のたびに劣化することもありません。

そのうえ世界最小・最薄のサイズにまで小型化に成功しています。

ワイヤレス通信や自動車、ソリッドステートディスク、IoT、医療分野を始め電気や携帯用電源の幅広い分野で今後ファラッド・ウルトラ・コンデンサが利用される可能性があります。

Guangxi Aerospace Beidou New Technology Co. Ltd.のファラッド・ウルトラ・コンデンサの生産工場は広西チワン族自治区内に2万平方メートルもの敷地面積を有しています。

今後はファラッド・ウルトラ・コンデンサが大量生産され、広く普及する可能性もあるでしょう。

契約の自動実行


Faradの特徴としては「契約の自動実行」というものも挙げられます。

Faradを使った契約は自動化されたトラック上で行われ、契約の全てをシステムに委ねることができます。

そのため契約に必要な手間を大きく省くことができ、契約の過程は公衆に環視されるので透明性も確保されます。

過程がシンプルになるため責任の所在も明確になり、所持者は契約の履行に集中できます。

Faradの価格推移と購入方法


Farad (FRD) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap
Faradは2017年8月に公表され、2017年11月に公開されました。

公開後から価格が乱高下し、2018年1月をピークに徐々に価格が下がっています。

Faradはウルトラ・コンデンサという実際の製品や経済活動に裏付けられており、他の仮想通貨とは一線を画しています。

今後ウルトラ・コンデンサによるエネルギー貯蔵革命が進めば、Faradの価値も上昇するでしょう。

FaradはTwitterやFacebookで最新情報を発信しているので気になる人はチェックしてください。

Faradは日本の取引所では購入できないため、海外の取引所へBitcoinを送って交換するようにしてください。

Faradを取引できる主な取引所
・HitBTC