仮想通貨同士をつなぐ仮想通貨EXRNchainを紹介




EXRNchainを紹介


仮想通貨はそれぞれ開発された目的に即した個性を有しているものです。

今回紹介するEXRNchainもそのひとつです。

これからブロックチェーン技術などで社会が発展していけばいくほどに注目を集めていくであろう仮想通貨となっています。

EXRNchainの特徴
・クロスチェーンプロジェクトのために開発された
・異なる2種類のトークンを提供

クロスチェーンプロジェクトのために開発された


EXRNchainは異なるブロックチェーンを採用する2つの仮想通貨を仲介し、迅速にアトミックスワップを行えるよう開発された仮想通貨です。

従来仮想通貨を別の仮想通貨に交換するには取引所を介する必要がありましたが、手数料やセキュリティ面で問題がありました。

ブロックチェーンをまたぐクロスチェーンを導入することで、仮想通貨の交換を安全で高速、かつ低コストで行えるようになります。

EXRNchainの提供するクロスチェーンはもともとEthreumとRippleを橋渡しするために開発されましたが、範囲を拡大しより多くの仮想通貨の橋渡しとなるべく開発が進められています。

プロダクトとしてはEXRNchainネットワーク上で仮想通貨を購入できる「EXRNex」、アトミックスワップを実施できる「EXRNswaps」、さらにクロスチェーン技術を用いて多くの仮想通貨に対応した決済プロセッサである「EXRNPay」の実装が2020年中に予定されています。

異なる2種類のトークンを提供


EXRNchainの開発チームはEXRNchainネットワーク上でEXRNchainEXRTという2種類のトークンを発行しています。

EXRNchainはEthreumネットワーク上にクロスチェーンのネットワークを構築してアトミックスワップができるようにする仮想通貨です。

一方EXRTはEXRNchainネットワーク上に存在し、EXRNchainネットワーク上でアトミックスワップをしたときの手数料として使われることを目的に開発された仮想通貨で、クロスチェーンのネットワークを保護するためにブロックチェーンを使います。

EXRTはEthreumトークンの規格のひとつであるERC20を採用しており、Ethreum用のウォレットを持っている人ならば簡単に扱うことができます。

EXRTが独立して存在することでより多くの人にEXRNchainの使用をうながすことができるのです。

EXRNchainの価格推移と購入方法


https://coinmarketcap.com/currencies/exrnchain/
EXRNchainは2018年1月に価格を大きく高騰させたのちも公開当時以上の水準で推移させています。

仮想通貨は今後通貨としての枠組みを超え、Ethreumに代表されるように分散型アプリケーションのプラットフォームを担うようになると考えられています。

そのため異なるブロックチェーンを仲介するEXRNchainのような仮想通貨は今後価値が上がる可能性が大きく、非常に将来性豊かだと言えます。

EXRNchainの開発チームはTwitterでも情報発信を行っているため、最新情報を簡単にチェックすることができます。

EXRNchainは日本の取引所では購入できないため、海外の取引所でEthreumと交換する必要があります。

EXRNchainを取引できる主な取引所
・Hotbit
・Idex
・Etherdelta
・Mercatox