初心者でも安心して運用できる仮想通貨・Emercoin




Emercoinとは?

Emercoinとは、分散型ネットワークで構成された信頼性に重きを置く仮想通貨です。通貨単位は「EMC」です。

取引の匿名化や24時間いつでも取引の出来る環境を整え、他の仮想通貨の優れた部分を取り込んでいます。

Emercoinの3つの特徴
  • 初心者向けのブロックチェーンシステム
  • ハイブリッドマイニングというオリジナルのアルゴリズム
  • 安全性を最優先にしたシステム

Emercoinの概要について紹介

Emercoinとは2014年8月に取引開始された仮想通貨のことです。ビットコインに代表されるように、暗号通貨ではブロックチェーン技術が導入されています。中央銀行などがコントロールしなくても、コンピューターネットワーク間でマネジメントでき、仕組みの優位性は世界的に高く評価されています。今では金融以外のジャンルでも活用されているほど、広く普及しています。

しかし一方でビットコインの場合、専門性の高い技術力が要求されます。このため、プログラミング初心者にとっては、なかなか新規参入しにくいところがネックでした。しかしEmercoinの場合、初心者でもブロックチェーン技術を活用できるようなプラットフォームになっています。今まで以上に仮想通貨を使ったやり取りがしやすくなり、広く普及する可能性を秘めたコインともいえます。

PoSとPoWの両方を併用

現在仮想通貨のアルゴリズムでは、PoWとPoSがツートップになっています。

Emercoinの場合、ベーシックなアルゴリズムとしてPoSを採用しています。しかし一方でPoWのアルゴリズムにも対応していて、仮想通貨の中では珍しいハイブリッドシステムを導入しているのも特徴です。

この両システムを採用することで、両方のいいところどりをしています。例えばPoWの場合計算処理をするにあたって、大量の電力消費が必要でした。しかしEmercoinであれば、計算処理に伴うコストは最小限に抑制できます。このため、マイニングによる収益効率も高まりました。年間収益率6%以上が保証されているほどです。

従来の仮想通貨の問題に柔軟に対応

仮想通貨が広く普及するようになって、一方で問題点もいろいろと出てきています。

例えばスマートコントラクトを使った詐欺事例も報告されていますし、サイバー攻撃によるセキュリティの侵害問題も時折発生しています。Emercoinではこのような過去の問題を分析し、再発しないように予防策を迅速に講じています。

しかもEmercoinは理論的にはチューリング完全ではないです。その結果、悪質なコードの開発しにくいシステムになっていて、プラットフォームなどの侵害が起こりにくい仕組みになっています。このように安全性を重視しているため、安心して取引できるように配慮されています。

Emercoinの将来性

Emercoin (EMC) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2014年と比較的歴史のある仮想通貨です。取引開始後は大きな値動きなく推移していました。2017年頃の仮想通貨全体の盛り上がりと共に価格も上昇し、2018年初頭には最高値を更新しました。現在は落ち着いた値動きをしていますが、取引開始から数年の間の価格よりも高値をつけています。

ユーザーの求める機能をどんどん取り込み、優れた機能を持つEmercoin。今後の課題は、他のか仮想通貨との差別化ではないでしょうか。セキュリティ面や取引の速さが売りの仮想通貨はたくさんあります。今後、Emercoinがどのような進展をしていくのか注目です。

Emercoinの主な取引所