Dynamicの仮想通貨としての特徴は?




Dynamicとは?

Dynamicは2017年3月に取引公開された仮想通貨で、通貨単位は「DYN」を使っています。

発行上限枚数は439万枚と定められており、Bittrexなどの取引所で取り扱いがあります。価格を安定させてユーザーが日常的な取引に使う通貨として流通することを目的としています。オープンソースの完全分散型P2P通貨で、無制限のスケーラビリティを持っています

この記事では、Dynamicの3つの特徴と将来性について紹介します。

Dynamicの3つの特徴
  • ブロックサイズが無制限
  • 独自のブロック報酬システム
  • 素早いトランザクション処理

ブロックサイズが無制限

Dynamicの大きな特徴はブロックサイズに制限がないという点です。

ビットコインやイーサリアムにはブロックサイズに制限があり、それが小さいために取引に時間がかかりますし、処理しきれないときにハードフォークで分裂してしまうというリスクがありますが、Dynamicにはそういった心配がありません。

独自のブロック報酬システム

仮想通貨は一般的にブロックを生成したユーザーに報酬を支払うシステムです。他の仮想通貨では、このブロック報酬システムが様々な問題を引き起こしていますが、Dynamicでは公平で安定して報酬を支払うシステムを整えています

これもブロックサイズが無制限であることによって、高いスケーラビリティが確保されているからで、インフレもデフレも起こさずに安定して取引ができる通貨になっています。

素早いトランザクション処理

Dynamicはブロックサイズが無制限で、スケーラビリティが高いためにトランザクション処理が素早いというメリットがあります。

報酬システムもユーザーに対して公平であることから、今後の成長が期待されています。マイニング報酬もマイナーの保有するマシンの性能などに関係なく、実際の市場価格を元にリアルタイムで計算するように設計されています。

Dynamicの将来性

Dynamicはビットコインやイーサリアムといった従来の仮想通貨の持っているデメリットを改善した通貨です。ブロックの承認時間はわずか15秒で、非常に高速です。そのため、今後の成長が見込まれており、市場関係者も注目しています。

公開直後から高値をつけており、それ以降も順調に価格を伸ばしています。多少の下落はあるものの、価格は確実に上昇曲線を描いており、新規に市場投入された仮想通貨のなかでは、安定しているほうと言っていいでしょう。開発チームは他の仮想通貨の研究のうえでDynamicの改善を実行しており、期待できる通貨と言えます。

Dynamicは他の仮想通貨と差別化出来るか

Dynamic (DYN) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2017年に取引が開始され、以降順調に価格を上げてきました。2018年に最高値を記録してからは、下落を続けていましたが現在は安定した値動きを続けています。

ビットコインやイーサリアムが抱える、スケーラビリティや不安定な価格変動の問題を解決に向かわせる機能が搭載されているDynamic。これらの問題を解決するべく作られた仮想通貨はたくさん存在しますが、その中でも価格が安定して上昇しているDynamicは、強みともいえます。実際に価格は安定して推移しており、今後の価格推移にも注目です。

ロードマップも細かく期限を設けアップデートの間隔も短いです。今後は、マーケティングやモバイルウォレットのリリースが発表されています。今後も成長を期待出来る仮想通貨として今後も注目です。

Dynamicの主な取引所