社会問題を解決してくれるDotcoinとは?




Dotcoinとは?

Dotcoinとは、アルトコイン取引所のクリプトピアが運営している仮想通貨です。主にクリプトピアでの取引に使われ、割引等のサービスを受けられる点が特徴です。

Dotcoinの3つの特徴
  • リーズナブルな手数料
  • 停滞することなく仮想通貨市場を活性化
  • コミュニティ及び汎用性はイマイチ

手数料がリーズナブルだからお得

2014年にニュージーランドで開発されて取引が開始したDotcoinは、グローバルな市場で送金などの通貨のやり取りをする投資家にとっては、大きなメリットが期待できる通貨として人気があります。

その理由は、他の仮想通貨を利用した場合と比べると、かかる手数料がリーズナブルだからです。

投資家の中には、短期間に頻繁に通貨を売買するという投資スタイルを好む人がたくさんいますが、手数料が高いと売買の度に手数料がどんどんかさんでしまいます。しかしDotcoinは、短期間に頻繁に売買をしても手数料がかさばらないシステムが確立されているため、とてもお得なのです。その理由は、Dotcoinを発行している仮想通貨取引所であるクリプトピアにあります。この取引所では、40種類以上の仮想通貨を取り扱っていて、ここでDotcoinを取引すると、驚くほど手数料をリーズナブルに抑えることができるのです。

紹介報酬などが市場を活性化

仮想通貨がグローバルに拡張するためには、たくさんの人が仮想通貨を利用することは必要不可欠です。そのためには、たくさんの人がDotcoinを持ちやすくて使いやすくなるようなシステムを構築しなければいけません。

Dotcoinは発行元であるクリプトピアが取引の活性化を目的として開発した仮想通貨なのですが、この取引所を利用している利用者が、新しく利用者を紹介すると報酬としてDotcoinをゲットできるなどの特典が設けられています。インセンティブとしてDotcoinを使うことによって、仮想通貨の市場を停滞させることなく常に活性化できるという点は、Dotcoinの大きな特徴の一つですね。

コミュニティと汎用性が課題

ビットコインのようにグローバルな規模で大きく成長する仮想通貨には、どれも情報を発信するコミュニティの努力がありますDotcoinの場合には、コミュニティがSNSを使って情報発信する作業が少なく、ツイッターのフォロワー数も他の仮想通貨と比較するとかなり少なめですね。発信力やコミュニティという点では、今後の課題が残されている通貨と言えるでしょう。

もう一つ、汎用性もDotcoinが抱える今後の課題となっています。Dotcoinは、ビットコインのように世界中どこででも入手できる仮想通貨というわけではなく、ニュージーランドのクリプトピアでしか取引することができませんし、使用する方法もクリプトピア内に限定されています。この点が解決されると、Dotcoinの人気はさらに高くなると考えられています。

Dotcoinの将来性

Dotcoin (DOT) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年です。取引開始後は大きな値動きなく推移を続けていましたが、仮想通貨全体の盛り上がりを見せた2017年後半から価格が上昇しました。現在は下降トレンドではありますが、仮想通貨全体の盛り上がりの時期を過ぎてからも比較的高値で推移を続けている点は評価出来るでしょう。

取引所が発信する仮想通貨は珍しいです。取引所以外で使えない仮想通貨であることは取引をする上で注意しておきましょう。今後、どのように発展するのか動向に注目です。

Dotcoinの主な取引所