スペックの高い草コイン・Diamond




Diamondとは?

Diamondとは、発行枚数438万枚のProof of Stake(PoS)の仮想通貨です。通貨単位は「DMD」です。

発行通貨の少なく希少性が高いため、ダイヤモンドの名がつけられたと言われています。セキュリティが高く、スピーディな取引が注目されており、「高スペックの草コイン」とも言われています。2014年の発行から、一時は高騰するなど人気の仮想通貨といわれています。

  • ダイヤモンドのように希少価値のある仮想通貨
  • アカウントへのアクセスが不可能でセキュリティが高い
  • スピーディな送金・決済でストレスフリー

Diamondの概要について紹介

Diamondとは仮想通貨の一種で、公開されたのが2014年4月のことです。

Diamondの特徴として、発行枚数の少なさがあげられます。Diamondの発行枚数には上限が設けられていて、438万枚となっています。仮想通貨の中でも最もメジャーなビットコインの発行上限枚数は2100万枚です。ビットコインの1/5程度しか発行できません。このように少ない発行枚数に抑制することで、希少価値が高まります。結果的に通貨価値の暴落が起こりにくくなります。

宝石の中でもダイヤモンドは希少価値が高く高価なことは広く知られているでしょう。ダイヤモンドの希少性にあやかって、「」という名称になりました。

最先端のセキュリティアルゴリズムを導入

仮想通貨で取引するにあたって、安全性が心配という方は多いでしょう。

Diamondの場合、セキュリティ対策にかなり力を入れているのが特徴的です。最先端のアルゴリズムを導入していますし、レベルの高い暗号技術も採用しています。その結果、アカウントに第三者がアクセスするのは事実上不可能になっています。このため、安心して取引ができるとして仮想通貨投資家の間で注目を集めています。

ダイヤモンドネットワークで迅速な処理を

Diamondではダイヤモンドネットワークという送金システムを採用しています。

このダイヤモンドネットワーク、ブロック生成スピードは1分程度です。仮想通貨の中でももっとも有名なビットコインの場合、ブロック生成するのに10分程度かかります。これで単純比較をすれば、Diamondを使って送金・決済すれば、ビットコインの1/10程度の時間で手続きは完了します。

送金や決済に手間取るとどうしてもイライラするでしょう。しかしすぐに手続きの完了するDiamondであれば、ストレスを感じることなくトランザクションができるわけです。

Diamondは今後も価格上昇が期待できるか?

Diamond (DMD) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2014年の取引開始から、数年は大きな変動なく推移していました。しかし、2017年頃から徐々に高騰していきました。2018年初頭には最高値を記録し、取引開始価格の数十倍という価格になりました。現在は再度落ち着きを取り戻しつつありますが、依然取引開始時よりも高値をつけています。希少性の高さから、今後も価格の上昇が期待出来ると言われているので、注目が集まります。

確固たるセキュリティ対策をしている、スピーディに送金できるDiamondは実用性の高い仮想通貨といえます。まだ仮想通貨の市場ではそれほど知名度は高くないかもしれません。しかし今後知名度が上がっていけば、高騰していけるだけの力を持っているといえます。草コインで運用したければ、Diamondはチェックしておきたいところです。

Diamondの主な取引所