仮想通貨Deutsche eMarkとは




(ドイツイーマーク)はその名前の通りドイツ人のための仮想通貨という意味合いを持ちます。仮想通貨は基本的にグローバルを対象にしたものが多い中で特定の国家や国民を対象にしたという点では希少価値が高い仮想通貨です。そのためDeutsche eMark(ドイツイーマーク)の取引ではドイツ語もしくは英語のみが対応しています。

Deutsche eMark(ドイツイーマーク)の特徴

ドイツ人のために開発された仮想通貨
取引時間は速いとも遅いとも言えない
マイニング可能だがASICに対応した掘削機が必要

ドイツ人向けのユニークな仮想通貨

Deutsche eMark(ドイツイーマーク)はマイニング可能な仮想通貨ですが、新規参入の仮想通貨と比較すると公平性に欠けるのが難点です。これはビットコインにもみられるデメリットですが、マイニングが特定の個人や団体に独占されてしまうため、富が正しく分配されないという弊害を生み出します。Deutsche eMark(ドイツイーマーク)はドイツ国身を対象にしたいわば「マルク」のような立ち位置を持っているため、仕方がないことなのかもしれません。

Deutsche eMark(ドイツイーマーク)の取引速度は瞬時に行われるわけではありません。平均すると2分以上の時間がかかってしまうことから、取引時の値動きの変化による損失の影響を受ける可能性が高くなります。ビットコインが取引成立までに10分程度かかるのに比べれば速い決済になるわけですが、近年登場している瞬時に取引が成立する他の仮想通貨と比較すると、決済の遅さは否めません

Deutsche eMark(ドイツイーマーク)が取引できるのは今のところごく限られています。そのためドイツ人以外の特にアジアの国の人が投資を行うというのはハードルが高くなっています。ドイツ語ができるなどのアドバンテージがあれば投機対象として選択の余地がありますが、そうでない場合はアジア人にとってのメリットは極めて小さいといえるでしょう

Deutsche eMark(ドイツイーマーク)のセキュリティが気になりますが、セキュリティに関して言えばマスターノードを利用したP2P方式が採用されていることから匿名性については特段問題があるとは言えません。むしろ追跡による個人の特定などのリスクは小さいため、安全な取引ができると思っても差し支えないでしょう

Deutsche eMark(ドイツイーマーク)のウォレットに関する情報はありません。注意点としてマイニングを行う場合、ASICに対応した採掘機が必要になるので、ある程度仮想通貨だけでなくPCに関する知識を持ち合わせている必要がある仮想通貨です

Deutsche eMark (DEM) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap