dAppsの中で一押しの仮想通貨SNSはinvestFeed





この記事のポイント
1.仮想通貨関連のdAppsであるinvestFeedとは
2.investFeedの可能性はあるのか
3.実は実績のある人が構成メンバーだった

1.仮想通貨関連のdAppsであるinvestFeedとは

仮想通貨に関連するソーシャルネットワークサービスとしてdAppsのinvestFeedがあります。investedFeedでは、「One Tab」という名前のソリューションを提供する事で、仮想通貨の愛好家やプロ、プロジェクト間の情報交換をよりスムーズにする事が出来ます。従来、twitterやfacebookなどのSNSでも、仮想通貨の情報をゲットすることはできますが、情報を提供している人には報酬が支払われることはありません。情報を提供している人に見合った報酬を支払いたいという目的で、この仮想通貨SNSのinvestFeedが誕生し、investFeedでは良いコンテンツを投稿した人に対して、FEEDと呼ばれるトークンを付与しています。FEEDのシンボルはIFTであり、このFEEDを持っていると、プラットフォーム内で有料のコンテンツを購入できたり、広告を非表示化できたり、投稿コンテンツのブーストに利用したりできます。仮想通貨に関する情報提供や、質の高いコンテンツの投稿をする人たちに利益を還元することによって、より健全で信頼できる仮想通貨SNSを構築しようとしているのです。

2.investFeedの可能性はあるのか

investFeedの最大の目的は質の高いコンテンツを乗せていく事で、投資家たちがより信頼性の高い情報を元に市場の洞察ができる様になる事です。2014年に誕生した、生まれて間もないdAppsですが、なんとすでに15,000人以上のユーザーが存在しており、また200,000以上のライブフィードを実現しています。

3.実は実績のある人が構成メンバーだった

investFeedの構成メンバーはウォール・ストリートで鳴らした投資のベテランたちです。そのため信頼性の高い仮想通貨SNSとして機能しています。実は「Best Use of the Crowd Platform 2015」にノミネートされるほど、既にある程度の良質なdAppsであると認識されているのです。仮想通貨取引は初心者には敷居が高いものですから、より精度の高い情報をゲットするべきでしょう。今後も発展が期待されるinvestFeedで仮想通貨の情報を共有し、新しい世界へと踏み出してください。