高いセキュリティを誇るCybCSec




CybCSecとは?

仮想通貨の取引で重要なのはセキュリティです。仮想通貨は銀行預金などとは異なり実体がないため、容易にハッキングなどにより奪われてしまう恐れがあります。そのため仮想通貨を開発する人たちは特にセキュリティに気を遣うものなのです。セキュリティ面で多くの人から信頼性が高いと言われる草コインの一つ「」について見ていきましょう。

CybCSecの3つの特徴
  • 高い匿名性を確保
  • CybCSecの高いセキュリティシステム
  • PoSによりマイニングがしやすい

高い匿名性を確保

CybCSecに限らず、仮想通貨の取引にとって匿名性を保つというのはとても重要な事柄です。もし匿名性が保てないとなると、誰も安心して取引を行うことはできないでしょう。悪意のあるユーザーから追跡されてウォレットの中にある仮想通貨を盗まれるということさえ起こり得ます。

その点でCybCSecは非常に高い信頼を得ている仮想通貨です。世界で初めてサイバーセキュリティソリューションに特化したプラットフォームを提供する仮想通貨として注目を集めています。CybCSecはTorネットワークという複数のネットワークを用いてオリジナルデータを暗号化し匿名性を保ちます。こうしてオリジナルのデータを何重にも守っているのです。

CybCSecの高いセキュリティシステム

CybCSecの別の特徴は高いセキュリティシステムを備えているということです。

CybCSecは侵入検知システムを使って侵入者を見つけ出すことができます。加えてウイスルに備えてアンチウイルスソフトウェアなどの提供も行っています。仮想通貨は通常インターネット上のウォレットと呼ばれる場所の保管されていることが多く、侵入されてしまえばすべての財産を失う危険もあります。しかしCybCSecではこうした事態を防ぐための用意もされているので安心です。

PoSによりマイニングしやすい

CybCSecはマイニングにおいてProof of Stakeという方法を採用しています。これは仮想通貨を多く、そして長く保有しているほどマイニングしやすいというものです。

マイニングはこれまで多くのコンピュータを持っていたり、膨大な電力を消費できる会社などが行っていましたが、PoSを採用しているCybCSecであれば、個人でもマイニングをすることが可能になります。こうして資金力の面で劣る個人投資家でも十分な利益を上げられるチャンスを提供しているのです。

CybCSecの価格推移と将来性

CybCSec (XCS) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。仮想通貨全体の盛り上がりと取引開始時期が重なっており、取引開始直後から大きく値が高騰しました。その後下降し、しばらくは低調なまま推移していましたが2018年7月頃から再度高騰しました。

草コインと言われている仮想通貨の中には、いきなり公式サイトからの情報発信が途絶えたり、いわゆる「トンズラ」をする草コインも少なくありません。CybCSecもそのひとつではないかと疑うような行動が見られるため、注意が必要です。

現在公式サイトは閉鎖されており、情報を収集することが出来ません。Twitterの更新も2018年はじめから止まっています。一部の掲示板では、2018年3月には取引所との上場廃止でウォレットに移動するようアナウンスがあったという情報も書かれています。その後、公式の情報発信も途絶えていますので、今後取引をする際には十分な注意が必要です。

CybCSecの主な取引所
取引可能な取引所の情報はありません。