cryptonomicがTezosのWalletを開発




この記事のポイント

・ニューヨークにあるプロジェクトチーム
・デスクトップウォレットに
・オフラインで管理するため安全性が高い

Walletを開発したcryptonomicとは?

TezosはICOの際に巨額の資金調達に成功したとして、業界で話題を集めました。2018年7月、cryptonomicではTezosのWalletを開発したと発表しました。cryptonomicとはニューヨークに本社のある新興のプロジェクトチームのことです。ブロックチェーン技術を主に取り扱っていて、市からの助成金を受けて、仮想通貨に関する研究・開発を進めています。

cryptonomicはTezosコミュニティのメンバーであって、今回のウォレットの開発は公式に認められています。プラス財団からの援助も受けて、今回のリリースに至りました。cryptonomicではこのウォレットだけでなく、いろいろなプロジェクトをサポートする方針だそうです。

Tezos Walletの特徴

今回リリースされたTezos Walletはデスクトップウォレットの形式をとっています。WindowsやMac、LinuxなどのOSであれば使用可能です。日本人でパソコンを持っている方でも十分活用できるスペックです。デスクトップウォレットですから、オフラインで仮想通貨の管理ができるのが魅力です。

日本の仮想通貨ユーザーを見てみると、取引所のウォレットで仮想通貨を管理しているケースが非常に多いです。取引所の場合、インターネット上で管理する形式をとっています。もし取引所がハッキング攻撃を受けた場合、自分の仮想通貨が流出してしまう危険性があります。過去実際にこのような事件は何度か起きています。その場合の補償もありません。補償がないので、もし自分が利用していた取引所が倒産してしまった場合、仮想通貨を取り戻せない恐れもあります。

Tezos Walletであれば、インターネット上から切り離されたところで仮想通貨を管理します。ということはハッキング攻撃を取引所が受けても、自分の仮想通貨が盗難に遭う危険性はないわけです。2018年現在、このデスクトップウォレットはモバイルウォレットのリリースは行われていません。これは利便性で考えると少し扱いにくいかもしれません。しかし利便性向上させるために、cryptonomicで今後モバイルウォレットのリリースされる可能性は大いにあります。