個人投資家向けの仮想通貨・Compcoin




Compcoinとは?

Compcoinとは、金融商品への投資を目的とし資産運用が出来る仮想通貨です。通貨単位は「CMP」です。取引データを公開し、透明性のある取引をしている点も特徴的です。

Compcoinの3つの特徴
  • 金融商品への投資を目的にした仮想通貨
  • デジタル通貨を持っているだけで資産を増やせるかも
  • 取引データが公開されている

Compcoinの概要を紹介

Compcoinとはプラットフォームのことで、分散型に該当するもので金融商品への投資を目的として運用されています。投資をメインにした仮想通貨なので、個人投資家を主なターゲットにしています。

金融取引をするにあたって、投資スタイルやリスク許容量、資産管理について自由にカスタマイズができます。このため、自分のやり方にマッチした資産運用ができるわけです。

Compcoinのユーザーはデジタル通貨をブロックチェーン上で保有する形で運営します。ちなみにこのコインですが、ほかの金融商品と組み合わせた形です。

Compcoinには付加価値が付く

Compcoinはデジタル通貨の中にいろいろな金融商品が組み込まれた形になります。つまりコインを保有しているだけで、市場の動向によっては価値が上昇する可能性があります。これなら投資初心者でも資産を増やせる可能性があるわけです。

デジタル通貨を保有していれば、あとは投資対象をどうするか決めるだけです。その後についてはARTという外国為替取引プラットフォームを使って、自動取引で資産運用してくれます。

通常資産運用するためには、資金を分散して投資し、売買も自分で注文しなければなりません。しかしCompcoinを持っていれば、勝手に取引してくれるので運用に関する労力を大幅に軽減できます。

透明性の高い仮想通貨

Compcoinの場合、取引データについてすべて公開されます。このため、透明性は非常に高いです。万人にデータがみられる状況ですから、不正な取引を行うのは困難です。投資の透明性が高いのも従来のスタイルにはなかった特徴です。

例えばETFという金融商品があります。ETFそのものの中にさらにいろいろな金融商品が組み合わさっています。ですからファンドを購入するにあたって、その中の一つ一つの金融商品はもちろんのこと取引データについてもなかなかすべて見るのは難しいです。よって最終的には証券会社なり投資ファンドなり、ETFを提供しているところを信頼して資産を預けなければなりません。

しかしCompcoinであれば、個人投資家でもデータの閲覧ができるので、より公正にどのように運用すべきか選択できます。AI金融取引の主体として、今後成長する可能性を秘めた存在といえます。

Compcoinの価格推移

Compcoin (CMP) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始時から価格変動が大きく、推移していましたが、2017年後半から2018年初頭にかけての仮想通貨全体の盛り上がりも相まって、その頃から更に価格を上げていきました。他の仮想通貨がこの時期以降値を下げることが多い中、Compcoinはその後も価格を大きく下げることなく現在にかけて推移を続けています。

投資としての役割が大きいCompcoin。金融商品の新しい時代を築く存在として期待されている仮想通貨です。しかし、公式サイトやTwitter、FacebookなどのSNSにアクセス出来ない点が、情報を収集する上でネックです。CoinMarketCap上にも、主な取引所の情報がありませんでした。今後、情報収集には十分注意する必要があります。

Compcoinの主な取引所
主な取引所の情報はありません。