The Chinese Financial Blockchain Shenzhen Consortium(FISCO)コンソーシアムの関連情報を解説




 

The Chinese Financial Blockchain Shenzhen Consortium(FISCO)コンソーシアムの概要

中国で最大規模を誇るブロックチェーンコンソーシアムのThe Chinese Financial Blockchain Shenzhen Consortium(FISCO)とは、中国で最大規模を誇るブロックチェーンコンソーシアムのことで、そのタスクフォースチームは、FISCO BCOSと呼ばれるブロックチェーンコンソーシアムプラットフォームを構築しました。このFISCOコンソーシアムには以下の3つの特徴とも言える情報があります。

・中国ファーウェイとテンセントが主導している
・シンガポールのFinTechイベントでFISCO BCOSを発表
・中国の規制当局などがリアルタイムにデータの監視・アクセスが可能

中国ファーウェイとテンセントが主導している

The Chinese Financial Blockchain Shenzhen Consortium(FISCO)コンソーシアムの最大の特徴の1つ、それは現時点で世界的な企業でもある中国ファーウェイと中国のIT業界を代表する企業のテンセントが主導しているという点です。実際にこの中国の2つの企業が主導していることもあって、開発したプラットフォームは中国向けの仕様をしています。

シンガポールのFinTechイベントでFISCO BCOSを発表

The Chinese Financial Blockchain Shenzhen Consortium(FISCO)コンソーシアムは、2018年11月12日からシンガポールで開催されたシンガポールFinTechイベントでFISCO BCOSを発表しました。FISCO BCOSは先程も触れたようにFISCOコンソーシアムが構築した一般向けのオープンソースブロックチェーンプラットフォームのことで、金融業界のサービスに対応していることを最大の特徴として持っています。

中国の規制当局などがリアルタイムにデータの監視・アクセスが可能

FISCOコンソーシアムが発表したFISCO BCOSは中国を代表する企業が主導していることもあって、中国当局向けの機能を備えています。具体的には中国の規制当局や監査の担当者などがリアルタイムでデータを監視したり、アクセスしたりすることが可能であることです。このようにFISCOコンソーシアムは中国当局に対して非常に協力的な体制を取っている特徴があります。