不公平をなくし将来性のあるChanCoin




ChanCoinとは?

仮想通貨は日々新たなものが生み出されており、それぞれが今までにないサービスを提供しようとしているものです。ビットコインは企業同士の海外送金などに用いられていますし、イーサリアムは多くのプロジェクトを行うプラットフォームとしての役割を果たしています。その後誕生した多くの仮想通貨でも、新たなサービスが提供されてきました。では新しい仮想通貨の一つであるChanCoinの特徴を見ていきましょう。

ChanCoinの3つの特徴
  • ChanCoinはコミュニティ起点となる
  • 積極的に開発されている
  • チップシステムが採用されている

ChanCoinはコミュニティ起点となる

ChanCoinはそもそもイメージボードを作る人同士のために開発された仮想通貨です。確実に報酬が受けられるシステムを構築することによりクリエイターを保護することも可能になります

さらにステガノグラフィーという技術を利用しているため、より高度な保護機能を持ちます。ステガノグラフィーとは、あるデータの中に別のデータを埋め込むことによって秘匿性を高める技術のことです。例えば日本円のお札には文字や図柄が埋め込まれていて偽造を防ぎます。そうした技術を利用して、クリエイターを守ることを目的としています。

積極的に開発されている

仮想通貨で重要なポイントは、開発者が積極的に開発を行っているかどうかということです。頻繁に開発が行われていないと、すぐにシステムが古くなってしまったりハッキングを受けて仮想通貨の安全性が損なわれてしまいます。

ChanCoinはコミュニティ起点となるものなので、コミュニティ内でも積極的な議論が行われ開発の一助となっています

チップシステムが採用されている

多くの場合仮想通貨は、膨大な量をコインを持っている人が大きな利益を上げられるようになっています。

しかしChanCoinの場合にはすでに名声を得ているアーティストだけではなく、全く無名のクリエイターであっても適切な報酬が受けられるようにするためのシステムの構築を目指しています。確かにChanCoinのような仮想通貨ではない世界では、ネームバリューによって報酬が決まることが少なくありませんが、ChanCoinではそうした不公平をなくすために日々開発が行われているのです。

今後映像などの分野は伸びていくことが予想されていますから、興味のある方はChanCoinについてさらに詳しく調べてみるといいかもしれません。

ChanCoinの将来性

ChanCoin (CHAN) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2017年です。取引開始後は大きなボラリティで価格が推移し数ヶ月後に落ち着きを取り戻しました。しかし、2017年末から2018年初頭にかけて、仮想通貨全体の盛り上がりとともに価格が高騰します。その時期に最高値を記録しましたが、時期が過ぎると下降傾向へ。現在は低価格を保ったまま推移をしています。

クリエイターのための仮想通貨は多く存在し、報酬面やクリエイター保護の観点からも注目されている分野の仮想通貨です。ChanCoinの特徴として、ステガノグラフィーを導入したり無名のクリエイターを守ることを考慮した機能が導入されています。この点は他の同様の仮想通貨と比べて差別化出来ている機能と言えるでしょう。bitcointalkでは、新しい取引所での取引についても言及されており、今後取引が盛んに行われる可能性もあります。Twitterは更新が止まっているため、discordなどをチェックして最新情報をキャッチするとよいでしょう。

ChanCoinの主な取引所
取引可能な取引所情報はありません。