C-Bitの現在価格や特徴などを解説




C-Bitとは

C-BitとはBitcoinコアのレプリカとして2017年の4月に公開された比較的新しい存在の仮想通貨になります。

通貨の探知はXCTで、価格は2018年現在0.05円、流通枚数は約1億5千枚で時価総額は約0.09億円です。

C-Bitの特徴

・Bitcoinコアのソースコードを元に作られた仮想通貨である
・Bitcoinの進化や改善などに完全に同期している
・Bitcoinの問題を解決している

Bitcoinコアのソースコードを元に作られた仮想通貨である

C-Bitは上記でも少し触れたようにBitcoinのコアのソースコードを元に作られた仮想通貨になります。

元にして作られたというと参考にしている程度であることが多いのですが、このC-Bitに限ってはレプリカ、つまり完全に内容が一致しているのです。

このようにBitcoinコアのソースコードのレプリカとして作られているのは現時点で世界ではこのC-Bitだけなので、まさにこれはC-Bitならではの特徴となるのです。

Bitcoinの進化や改善などに完全に同期している

C-Bitの最大の特徴は最初に解説したようにBitcoinのコアのソースコードと完全に同じであることですが、それが故にもう1つの特徴があります。

それはBitcoin側でコードの改善などが行われた場合には自動的にそのコードが反映されるようになっている、ということです。

さらにそれはつまりBitcoinが今後進化していけば、それに伴ってC-Bitもそれと同期して進化していくことを意味します。

一般的な仮想通貨は独自にコードの改善などが行われることと比較すると、他の仮想通貨と合わせて改善などが行われるという点も非常に大きな特徴となるのです。

Bitcoinの問題を解決している

C-Bit (XCT) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

C-BitはBitcoinコアのコードと同期しているのは先述の通りです。

しかし、C-BitはC-Bit独自の特徴も持っています。それがBitcoinの持つ問題を解決しているということです。

例えば、Bitcoinという仮想通貨はその人気の高さ故にブロックサイズの問題が起きています。具体的にはBitcoinを使った決済などの取引が完了しないなどといったトラブルです。

しかし、C-BitはブロックサイズのみBitcoinの2倍としているため、Bitcoinの持つ問題を解決することに成功しているのです。これもまたC-Bitの特徴の1つとなります。