Brad Garlinghouse氏はRippleのCEO




世界で人気の仮想通貨はBitCoinやEathreum、Rippleなどがあり、その価格の変動には多くの投資家が注目しています。さらにこうした有名な仮想通貨において指導的な立場にいる人々の発言も大きな影響を与えます。ではRippleのCEOであるBrad Garlinghouse氏の最近の発言について見ていきましょう。

・Brad Garlinghouse氏はRippleのCEOで、それ以前にはYahoo!やAOLに勤務
・Brad Garlinghouse氏はRippleがグローバル決済の問題を解決すると発言
・Brad Garlinghouse氏はXRapidの商業化を発表

Brad Garlinghouse氏はRippleのCEOで、それ以前にはYahoo!やAOLに勤務

Brad Garlinghouse氏はもともとRippleに参入していたわけではありません。それ以前にはYahoo!やAOLといった名だたる企業に勤務しており、Rippleに入るための素質が備わった人でした。その後、Brad Garlinghouse氏はRippleの共同創設者であるChirs Larson氏から価値を相互運用するインターネットの仕組みづくりのビジョンを見せられたことでRippleへの参入を決めたのです。

Brad Garlinghouse氏はRippleがグローバル決済の問題を解決すると発言

これまで物や情報は比較的簡単に世界を行き来し、特に問題が起こることはありませんでした。しかしお金、法定通貨は相互に運用するのが非常に難しいものだったのです。日本円を米ドルにするためには手数料も時間もかかりすぎるという問題がありました。しかしRippleはこうしたグローバル決済の問題を解決することが可能であり、素早く、ごくわずかな手数料で世界の各地の人と決済を行うことができるようになるのです。Brad Garlinghouse氏は、Rippleが今後さらに多くの企業に受け入れられていけばグローバル決済の問題は無くなるといいます。

Brad Garlinghouse氏はXRapidの商業化を発表

注目すべきことに2018年10月にBrad Garlinghouse氏はXRapidが商業化され、すでに複数の顧客が実用化していると発表しました。XRapidとはRippleを使った銀行間送金のことで、ほとんど手数料を支払わずに海外送金ができるシステムです。今後も多くの銀行や企業がXRapidを利用するようになれば、法定通貨はもちろんのことBitCoinに対しても非常に大きな脅威となるでしょう。