Bottlecapsの価格や特徴について詳しく解説




Bottlecapsの概要

Bottlecapsは最大200%もの利子が得られる可能性がある仮想通貨になります。

このBottlecapsの取引が開始されたのは2013年の6月と現在世界で流通している仮想通貨の中では最も古い歴史を持つ通貨の1つです。

現在のBottlecapsの価格は1枚あたり約0.05円で、時価総額は約1170万円となっています。

Bottlecapsの特徴

・現存している仮想通貨の中では最も古い歴史を持つ通貨の1つ
・PoWにPoSのアルゴリズムを併用することで、51%攻撃に強くしている
・最高で200%の利子が得られる

現存している仮想通貨の中では最も古い歴史を持つ通貨の1つ

仮想通貨という新しい世代の通貨は2008年にその論文が発表され、その後しばらくして実際に通貨としてのソフトウェアが開発されました。これが世界で初めての仮想通貨だと言われています。

Bottlecapsは2008年ではありませんが、既に触れている通り取引が始まったのが2013年と、現存している仮想通貨の中でも最も古い歴史を持っているのです。

仮想通貨は誕生している数は多いのですが、長く存在し続けているものは多くはありません。そのためこの長い歴史があるのは1つの大きな特徴だと言えるのです。

PoWにPoSのアルゴリズムを併用することで、51%攻撃に強くしている

仮想通貨のコンセンサスアルゴリズムにはPoWとPoSのどちらかを採用しているものが多いです。

Bottlecapsはこの2つの内のPoWをメインのアルゴリズムとしては採用していますが、このPoWには取引内容の改ざんなどのリスクを抑えられるメリットがある一方で、51%攻撃と呼ばれる中央集権化のような現象が起こりやすくなるというデメリットがあります。

Bottlecapsではそのデメリットを抑えるために、PoSというもう1つのアルゴリズムも併用することによって、非常に優秀なアルゴリズムとなっているのです。

最高で200%の利子が得られる

Bottlecapsは上記の通りPoWと合わせて、PoSというアルゴリズムも採用しています。

そしてこのPoSは、保有しているコインの量に比例して利子としての報酬が貰えるのですが、Bottlecapsではその利子が年間で最大200%となるのです。

これだけ大きな報酬が得られるものは少ないので、これもBottlecapsならではの特徴だと言えます。