Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)(ブルームバーグ・ギャラクシー仮想通貨指標)とは





この記事のポイント
■Bloom BergとGalaxy Digital Capital Managementが定義したインデックス
■仮想通貨市場全体を表すことを目的
■インデックス投資を可能にし、ローリスク・ハイリターンな投資ができる

Bloomberg Galaxy Index(BGCI)とは?

Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)(ブルームバーグ・ギャラクシー仮想通貨指標)とは、Bloom Berg社とGalaxy Digital Capital Management社によって定義された仮想通貨のインデックスです。このインデックスを定義することによって、株式市場や為替市場のように仮想通貨の市場全体の状態や変動を把握しやすくなり、投資という目的でも扱いやすくなるというメリットが期待できます。

Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)の特徴

Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)が指標とする仮想通貨にはビットコインやイーサリアムなどをはじめとして合計10種類(BTC,ETH,XRP,BCH,EOS,LTC,,XMR,ETC,ZEC)の銘柄が抽出されています。こうした仮想通貨は世界中で活用されていますが、Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)ではアメリカドルをベースにした指標となっている点が特徴です。

さらに、仮想通貨市場をインデックス化することによって、変動を把握しやすくなり、インデックス投資を容易にしてくれるという特徴も期待できます。Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)を作り出す構成要素については、目安としてはビットコインとイーサリアムは30%ずつ、リップルは14%、ビットコインキャッシュは10%など、割合が大体決められています。しかしこの構成要素の割合は毎月見直しが行われて変更されるという点も、Bloomberg Galaxy Crypto Index(BGCI)の特徴と言えます。ちなみに、インデックスを構成している仮想通貨銘柄は10種類ありますが、一つの要素が占める割合は最大でも30%まで、低くでも1%は確保することになります。

投資家から好評

仮想通貨への投資は、興味や関心を持つ投資家が多く、これまでより具体的な対策が模索されてきました。インデックス化されることによって、投資しやすくなることは言うまでもなく、投資家たちからはかなり好評のようです。