Bloombergのインテリジェンスアナリスト・マイク・マクグローン氏のビットコイン予想




 

マイク・マクグローン氏のビットコイン予想

マイク・マクグローン氏と言えば、Bloombergのインテリジェンスアナリストとして活躍しています。数々の仮想通貨についての見解や予想をたてていますが、ビットコインについてももちろん予想しています。現在、暴落しているビットコインは、2019年も暴落することを予想しています。しかも、このビットコインの暴落について止めるものもないとも述べています。

・ビットコインは暴落し続ける
・暴落を止めるものもない

ビットコインは暴落し続ける

ビットコインが暴落し続けている予想を立てているのは、マイク・マクグローン氏だけではありません。なぜなら、ビットコインのテクニカル指標があまりにも悪いからです。2018年の下半期は徐々に下落しており、11月にいたってはここ7年間でみても最大の下げ幅をつけました。あまり良い兆候を示していないので、上昇する見込みは少ないです。

マイク・マクグローン氏も下落する公算が大きく、1500ドル前後まで下落してもおかしくないと予想しています。そうなると、2017年12月にビットコインが最高値となった1万9511ドルと比べると、約92%もそこから下落したことになります。「そんなに?」と驚く方もいるでしょうが、ビットコインの下落傾向は止まる気配がないとも言われています。

暴落を止めるものもない

一般的に、市場が下落傾向にある場合、「今は暴落しているがここで回復するだろう」と予想することが多いです。しかし、マイク・マクグローン氏はビットコインの暴落を止めるものもないと予想しています。つまり、ビットコインが下がるところまで下がってもおかしくないというのです。

その理由としてマイク・マクグローン氏が挙げているのが、投資家の投資解消の動きです。ビットコインだけではなく、アルトコイン等の仮想通貨市場全体に言えることではありますが、年末年始というのは急に上昇したり下落したりするのは当たり前の動きです。なぜなら、投資家が税金対策を行うからです。どこで利確するのが良いのか見極めるのですね。

しかし、今回はそれに伴って、ビットコインキャッシュの分裂が起きました。そのため、ビットコインの売り注文が通常よりも相次いでしまったのです。したがって、ビットコインの上昇を見込める情報はなく、下がっていくしかない、というのがインテリジェンスアナリスト・マイク・マクグローン氏の見解です。