完全な分散型取引を実現しているBlocknetとは




この記事のポイント

・Blocknetが採用しているPoSのメリットとは
・分散型投資が徹底しているBlocknetは安全性が高い
・アルトコインBLOCKは海外の取引所で購入できる

1. 保有量に比例するPoS

Blocknetとは異なるブロックチェーンの繋ぎ目(ノード)を通信可能にするP2Pプロトコルです。

2014年10月にローンチされた老舗プロジェクトでオープンソースで動かされています。

アルゴリズムはproof of stakeで動かされており、これはビットコインなどで使われているproof of workとは大きく異なります。POWが採用されている仮想通貨ではマイニングで取引の証明をいち早くした人が報酬をもらえます

しかしビットコインなどのように仮想通貨の取引量が増えてくると、マイニングの競争が激化し、コンピューターへの負荷が激化してきたため、proof of workはみんなで取引を証明するというシステムに危機感を抱く投資家が増えてきました。

そこで誕生したのが、BLOCKをはじめ、多くのアルトコインが採用しているproof of stakeで、proof of stakeは「保有している仮想通貨の割合の証明」であと訳されます。POSであれば、マイニングなどの承認作業に負荷がかからないというメリットがあります。

2. 分散型投資の徹底で取引所の支配から逃れる

Blocknetの最大の特徴と言えば、分散型取引の徹底していることでしょう。

本来仮想通貨の目的は参加している投資家みんなでの管理なのですが、取引所によって仮想通貨の上場や廃止が決定されているので、事実上は取引所は中央集権型の支配をしていると言っても過言ではありません。

BLOCKをはじめ多くのアルトコインは上場してすぐに価格が高騰し、廃止とともに価格が暴落する傾向が高く、そのような状態に陥らないためにも分散型管理に注力して、取引所の支配から脱却する必要があります。

Blocknetでは完全な分散型投資を実現しているので、取引所の動きに左右されることがないというのが最大の特徴だと言えます。

さらに、Blocknetは数多くのブロックチェーンをトークンエコシステムに変換することで、ブロックチェーンの技術を強化することができ、そのため高い安全性を実現していることも特徴であると言えます。

3. BLOCKの購入は海外の取引所で

Blocknet (BLOCK) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

アルトコインであるBLOCKの取り扱いは現在国内では行われていません。

そのため海外の取引所を利用する必要があり、世界最大級の仮想通貨取引所であるBittrexが使いやすいのでおすすめです。