ブロックチェーン技術による決済サービスを提供するニューヨークの地方銀行「Signature Bank」




 

アメリカ・ニューヨーク州を拠点とする地方銀行のSignature Bankが、2019年1月、ブロックチェーン技術を用いたSignetプラットフォームを活用して、法人向けに24時間365日取引手数料無料の米ドル建て支払いサービスの提供を開始しました。

Signature Bankの決済サービスについて

・ブロックチェーン技術を用いたリアルタイム決済
・当局による健全な規制が重要
・アメリカ初のブロックチェーン技術による決済が認められた銀行

ブロックチェーン技術を用いたリアルタイム決済

Signature Bankは、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から承認を受けました。これにより、ニューヨーク州内でのサービス提供が可能です。また、連邦預金保険公社(FDIC)の一員にもなり、Signature Bankの預金残高はFDICによって保護されることになります。こうして準備体制が整ったSignature Bankは、2019年1月1日より法人クライアントに対して、Signetプラットフォーム通じたリアルタイムでの決済サービスを提供することになりました。Signature Bankの用いるSignetプラットフォームとはブロックチェーン技術を用いたもので、ニューヨークのTrueDigital Holdings LLCと共同での運営となります。24時間いつでも無料で決済可能なサービスです。ただ、このサービスを提供する顧客には制限が設けられており、少なくとも口座に25万ドル以上の残高がある顧客でないと利用できません。

当局による健全な規制が重要

今回のサービス開始に伴い、Signature BankのCEOであるJoseph J. DePaolo氏は、NYDFSの承認を感謝するとともに、「州が健全に規制することがイノベーションの支援になり、その成長を応援することになる」と述べました。さらに同氏によると、Signature Bankはテクノロジーのインフラストラクチャーに特に力を入れている銀行ということで、今後も外国為替、与信承認、ローン運用などに新しいテクノロジーを使ったシステムを導入する予定とのことです。

アメリカ初のブロックチェーン技術による決済が認められた銀行

アメリカの規制当局からブロックチェーン技術を用いた決済が認められたのは、銀行としてはSignature Bankが初めてです。先のDePaolo氏は、今後は他の銀行にも同行の決済ソリューションを提供するとのことで、いずれは異なる銀行間で直接接続できるようになるだろうと期待を寄せています。