新しいブロックチェーンセンターを設立した非営利法人のニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)




 

ニューヨーク市経済開発公社(NYCEDC)とは、1991年に設立されたニューヨーク市の経済成長を支援する非営利法人です。2019年に新たなブロックチェーンセンターをオープンし、秋にはユースケースのテストを計画しています。

NYCEDCの設立したブロックチェーンセンターについて

・広大なブロックチェーンセンターをオープン
・2019年秋にユースケースのテストを実施する計画
・ニューヨークをブロックチェーンの首都に

広大なブロックチェーンセンターをオープン

NYCEDCがオープンしたブロックチェーンセンターは、同団体とベンチャーキャピタルのFuture Perfect Ventures、それにスイスのGBBCの提携によって設立されました。また、ニューヨーク市も同センターに10万ドルを寄付しています。NYCEDCは、今後も引き続き企業と提携して資金を集める計画です。Future Perfect VenturesのJalak Jobanputra氏は、すでにIBMとMicrosoftと提携を結んだと伝えています。このブロックチェーンセンターは、4000平方フィートの広大な敷地を持ち、コーディングの講座などソフトウェアの開発者向けにさまざまな講座を提供する予定です。

2019年秋にユースケースのテストを実施する計画

2018年に入って以降、仮想通貨市場は大きな停滞を見せ、多くのスタートアップ企業が社員の解雇などで業務の縮小を行っていますが、NYCEDCは意に介していない模様です。NYCEDCの最高戦略責任者は、「ブロックチェーン技術はまだ初期の段階で、進化の過程に不確実性があるのは仕方のないこと。今後どうなるかわからないが、我々がブロックチェーン技術に多くの開発余地があることを証明したい」と述べています。なお、2019年秋に新しいテクノロジーのユースケースのテストを行う計画があるとのことですが、まだどんな分野のユースケースなのかは不明です。

ニューヨークをブロックチェーンの首都に

ニューヨーク市にあるブロックチェーン関連のスタートアップ企業は、2018年、前年比の500%増となる5億ドル以上の投資をベンチャーキャピタルから受けたと報告されています。実際、多くの世界的ブロックチェーン関連会社が急成長を見せており、市内のブロックチェーン関連の求人数も前年比80%増となっています。NYCEDCのAnthony Hogrebe副社長は、将来的にニューヨーク市をブロックチェーンの世界的首都にしたいと語っています。そのためには、自分たちがリードして戦略的な投資を行う必要があるとのことです。