ブロックチェーンゲームには欠かせないMetaMask(メタマスク)




この記事のポイント

■2018年11月時点で最もダウンロードされているイーサリアムの拡張機能
■ブロックチェーンゲームには欠かすことができない楽しい機能
■ モバイルアプリ版も公開

ダウンロード数が最大規模を誇るイーサリアムの拡張機能

MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアムが開発したブロックチェーン系ゲームを楽しむ際に利用することができる拡張機能で、ウォレットとして利用されています。イーサリアムのブロックチェーン系ゲームにはいろいろな種類がありますが、その中でもイーサエモンなど半旗が高く、その際に使用するウォレットとしてMetaMaskが数多くダウンロードされているわけです。

イーサリアム系ゲームに使用できるウォレットにはいろいろなタイプがあり、マイイーサーウォレットとかLedgerなどに代表されるハードウォレットもあれば、MetaMaskなどモバイル版として利用しやすいウォレットもあります。これらのウォレットはゲームの際に使用できるだけではなくて、仮想通貨の管理という目的でももちろん利用できますが、イーサリアム系のゲームで遊ぶ際には、アイテムの購入などに利用できるという点で重宝します

MetaMaskの特徴

MetaMaskの特徴は、ブラウザーで機能できるという点です。ハードウォレットの場合には、パソコンのハードディスク上で管理できるため、オフラインでも利用しやすいというメリットがありますが、オンラインゲームで遊ぶ際には何かと使い勝手が良くありません。そんな時に便利なブラウザーウォレットなら、ブラウザーが起動していればいつでも自由に利用できるというメリットがあります。MetaMaskはグーグルクロームの拡張機能として簡単にダウンロードできるという点が魅力です。

イーサリアムのブロックチェーンゲームとして人気のイーサエモンで遊ぶ際には、このクロームストアにMetaMaskをあらかじめ入れておけば、自働的にイーサエモンとMetaMaskが連携してくれるので、遊びながら面倒さを一切感じることなくすぐにウォレットを利用できます。

MetaMaskで何ができるのか?

MetaMaskは仮想通貨を管理するウォレットなので、利用する際にはパソコンやスマホなどのブラウザーが必要となります。一度ダウンロードしてしまえば自動的にウォレットのアドレスを取得できるので、入金や送金といった作業が可能となりますブラウザー版ということでセキュリティ面が少し心配ですが、その点はイーサリアムがシッカリと開発しているので、クレジットカードなどを利用するよりも高いセキュリティが期待できます。