Bitswiftはビジネス系ソリューションとして注目のアルトコイン




(ビットスイフト)は2014年9月29日にリリースされた第二世代のアルトコインで、トークン名をSWIFTとしています。また初期段階の発行数上限を400万枚にとどめるコンパクトな通貨としてスタートしています。

Bitswiftの特徴について

・世界中の取引相手に瞬時で送信可能なアルトコイン
・小売業向けのビジネス系ソリューションとしての効果
・スマートコントラクト採用により決済力がアップ

世界中の取引相手に瞬時で送信可能なアルトコイン

Bitswiftは同期のイーサリアムと同様に100%PoSのアルゴリズムによる仮想通貨で、世界中のいたるところからでも送金手数料ほぼゼロ円で送金できる利便性の高いアルトコインに仕上がっています。

このBitswiftの報酬システムは公開分散型台帳をベースにしていますから、コミュニティレベルで公正な取引承認が担保されつつ、安全性の高いブロックチェーンを生成していきます。

小売業向けのビジネス系ソリューションとしての効果

Bitswiftを利用したビジネスモデルでは、小売業・フィンテック・ホスピタリティ・中小企業向けといった利益性の高いソリューションを提供します。

具体的には決済端末や販売・在庫管理、デジタルライセンス、ビジネス会計アプリケーションといった小売業サプリが提供されますし、フィンテックでもデジタル通貨換金や資金調達・マーケティング、独自トークンの発行が可能です。

その他にもIT監査やモバイルデバイス管理、コンプライアンススキャンなど様々な利用手段が講じられるでしょう。このように幅広いビジネスモデルを展開するソリューションとして、今後も更なる実用的な開発が期待されているアルトコインです。

スマートコントラクト採用により決済力がアップ

Bitswiftでは、経済活動の決済部分で利便性を高めるデジタル公証人・電子証明システム・自動取引完了システムのスマートコントラクトにも対応しています。これはあらかじめ取引条件を店舗しておくと、条件満了時に自動で取引が完了する便利な決済システムです。

Bitswiftは仮想通貨の可能性をビジネス環境の改善面から追求する取り組みが行われています。暗号アルゴリズムとプラットフォームの最新技術を随時導入していきながら、過酷な生存競争にさらされている企業の経営をサポートするシステム提供に努めているのです。

Bitswiftを取り扱っている取引所

Bitswift (BITS) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2018年7月時点では海外取引所のBittrexがおすすめです。残念ですが国内取引所での扱いはありません。