BitSendはマスターノードの分散型ブロックチェーンで公平性をアップ




BitSendとは?

(ビットセンド)は分散型P2P方式のマスターノードによる安全性の高い取引を実現するアルトコインです。市場へリリースされたのは2014年6月で、同期にはイーサリアムがあります。

・マスターノード式の取引承認システムによる分散型ブロックチェーン
・スマホ操作による取引が可能
・ローコスト取引を実現した10MBブロックチェーン

[/BOX]

マスターノード式の取引承認システムによる分散型ブロックチェーン

ビットコインの名を冠しているので、ビットコインから波及したアルトコインである事は分かるでしょう。ただし、ビットコインの欠点をカバーする工夫が多様になされています。その一つが承認システムです。ビットコインはマイニングによるPoW式、ですがBitSendは全ユーザー参加型の分配式承認作業を行っています。具体的には保有者の多い上位のコインホールダーの内、一般ユーザーの推挙によって選ばれた代表者がマイニング作業をします。そして報酬は演算能力に頼らず、保有しているコイン数に比例させるのがポイントです。これによって一部のマイナーの独占を許しません。また投票をした一般ユーザーもマージン配当をもらう事から、公平な利益分配が得られます。

スマホ操作による取引が可能

BitSendはモバイル端末からの操作で取引が可能です。またDarksendやinstantX、SegWitの搭載によって会員登録不要でサービスが受けられます。例えば取引相手がBitSendユーザーではない場合でもブラウザで操作が完了できます。つまりアプリなどをダウンロードする必要がありません。またステルス送金によって第3者に取引内容を知られる心配もありません。それからもう一点、BitSendの分散型ブロックチェーンは保存容量が無制限の設定ですから、取引資料などの大きなファイルでも添付する事が可能です。もちろん複数のファイルを同時にアップさせてもOKです。

ローコスト取引を実現した10MBブロックチェーン

ブロックチェーンとして10MBというサイズはミドルサイズではありますが、このサイズでは作業効率が高まる事から、取引機能が高水準で処理されるメリットがあります。またユーザーにとって取引コストが非常に小さいという点も特徴です。

BitSendを扱っている取引所

BitSend (BSD) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

2018年7月現在、BitSendを扱っている国内取引所はありません。そこで購入希望の人は海外の取引所を利用する必要があります。オススメにはBittrexやLivecoinなどがあります。