多くの可能性を秘めた仮想通貨「Bitdeal」




Bitdealとは?

仮想通貨は今後も拡大していく投資市場である一方で、危険が伴う投資方法でもあります。というのは、仮想通貨は高騰する可能性がある一方で、大暴落する危険、ハッキングに合う危険などがあるからです。そのためセキュリティがしっかりしている仮想通貨をしっかり選んで投資する必要があるのです。価値がこれから急上昇すると言われている仮想通貨がBitdealです。

この記事では、Bitdealの3つの特徴について紹介します。

Bitdealの3つの特徴
  • Bitdealはチューリング完全な言語で構築されている
  • 商品購入などにも使える可能性がある
  • 一般消費者にも活用される可能性がある

Bitdealはチューリング完全な言語で構築されている

Bitdealはビットコインとは異なり、チューリングという完全な言語で構築されているという特徴があります。チューリング完全とはあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、どんな処理でも実行できると考えておけば良いでしょう。

ビットコインはチューリング不完全な言語で構成されているため、行える処理に限界があります。しかしBitdealの場合、ビットコインよりもはるかに汎用性の高い利用が可能であるということになります。現在はビットコインがもっとも時価総額が高く、利用者も多くなっていますが、将来的にはBitdealのようなより高度な技術で構築された仮想通貨の方がより用いられていくのかもしれません。

商品購入などにも使える可能性がある

Bitdealは単に仮想通貨として投資をするためだけに用いられるわけではありません。Bitdealを採用する企業が増えていけばより多くのシチュエーションでBitdealを使った取引が可能になります。

現在すでに食事やスパなどのサービスにBitdealが使われており、今後も広がっていくことが予想されています。加えてBitdealにはアプリも開発されており、クーポン券のようにアプリで割引が受けられるサービスも始まっています。今後企業がBitdealをどのように使っていくのか注目です。

一般消費者にも活用される可能性がある

仮想通貨というと、一部の投資家の興味を引くと思うかもしれませんが、Bitdealはそうではありません。

前述のように食事などに用いることができれば、投資家のみならず一般消費者もアプリなどを使ってBitdealを購入し、利用することができるようになります。Bitdealは今後世界中の多くのコミュニティで使用される可能性を秘めた仮想通貨なのです。

Bitdealは店舗利用を促す存在になれるか?

Bitdeal (BDL) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

価格の大きな上昇のあとゆっくり下落をした波が2回ありました。その後はゆるやかな価格の下落がみられます。

店舗での利用やクーポンの発行など、仮想通貨に詳しくないユーザー層を巻き込んで利用を促すような機能が多く、今後の発展に大きく貢献することが期待出来ます。店舗での導入が増え、それに伴いユーザーが増えていくことでBitdealが活用されていくという循環が出来るかどうかが鍵となってくるでしょう。

仮想通貨の現状は、投機目的ので利用が多数で、店舗での利用はまだまだ進んでいません。Bitcoin以外の仮想通貨はもっと進んでいないことは否めません。Bitdealがより世の中に浸透し、電子決済のひとつとしてや店舗利用のきっかけづくりとなれれば、将来性は非常にあるものと思われます。

Bitdealの主な取引所
  • CoinExchange
  • Cryptopia