ビットコインの先物証拠金取引を国内で初めて実現した仮想通貨取引所「bitbankTrade」




 

bitbankTradeは、国内で初めてビットコインの先物証拠金取引ができる取引所として、世界中の人に利用されてきた仮想通貨レバレッジ取引所です。2019年3月31日でサービスを終了することが発表されました。

bitbankTradeについて

・国内初のビットコインFX取引所
・2019年3月31日に終了
・bitbankに一本化

国内初のビットコインFX取引所

2015年夏にスタートしたbitbankTradeは、日本国内でいち早くサービスを開始した仮想通貨取引所です。当時、世界最大規模を誇っていた香港の仮想通貨取引所OKExとユーザーをつなぐことで、国内で初めてビットコインのFX取引を可能にしました。世界でもトップクラスの取引流動性があり、また、20%という低めのロスカット率、最大20倍のレバレッジ、追証制度なし、スワップポイントなしなど数々のメリットに優れたことで、世界中から多くのユーザーを獲得した取引所です。

2019年3月31日に終了

そんなbitbankTradeですが、2019年3月31日にサービスを終了することが発表されました。終了の理由は以下の二点です。まず、bitbankTradeスタート当時、国内にほとんどなかった仮想通貨取引所も今では激増していること、また、ビットバンク株式会社の別サービスであるbitbankが、売買代金国内1位、世界でも8位と大きな実績を上げていることが挙げられます。こうした状況により、bitbankTradeはその役目を十分に果たしたとの判断からサービスの終了に至りました。今回のサービス終了の発表に伴い、bitbankTradeは現ユーザーの資産についても説明しています。bitbankTradeにあるユーザーのビットコインは、自動的にビットバンク株式会社の別サービスbitbankへとデータが移行されます。bitbankにビットバンクを移行したくない場合は、サービス終了までに個々で出金するよう依頼しています。

bitbankに一本化

bitbankTradeはビットコインに特化したFX取引のサービスでしたが、bitbankではビットコインを始め6種類の仮想通貨を扱っています。bitbankTrade終了の原因は競合他社の増加や流動性の低下などもありますが、bitbankに大きく取引量が偏ったことが最大の原因でしょう。今後はbitbankに一本化してサービスを充実させていくと予想されます。