BitBeanはどのような仮想通貨か?




BitBeanとは?

BitBeanは2015年に公開された仮想通貨で、通貨単位として「BITB」を使っています。

発行上限の枚数が500億枚と非常に多い設定で、ブロックサイズが大きいため、ビジネス的な有用性が高いとして評価されています。ビットコインの弱点を補強する形で開発されており、多くの改善点を機能として含んでいる通貨です。

BitBeanの3つの特徴
  • Proof of Bean方式
  • 充実したコミュニティ
  • ブロックサイズが大きい

Proof of Bean方式

BitBeanがマイニング方式として採用しているのがProof of Beanという方式です。これはPoS(Proof of Stake)と呼ばれる方式と似ており、ネットワークを保護するメリットがあります。

多くの仮想通貨では、多額の通貨の保有者がマイニングを独占して、通貨が暴落したときに一気に取引をして高騰したら売却するというやり方で利益をあげるというやり方が蔓延しています。これでは、決済システムとして安定しません。

Proof of Bean方式は、ユーザー全体が通貨を保護して、自分たちの決済を安定させるやり方として注目されています。

充実したコミュニティ

BitBeanは最初の開発者がいったん放棄したものを、コミュニティが自分たちで新たに開発を継承しています。

中心になるのは4人の開発者チームですが、この人たちの姿勢に共感したコミュニティが発展しています。ユーザーたちがBean Coreという仮想企業も立ち上げています。アクティブなユーザーが多く存在しており、ボランティアとして寄付などに参加しています。

ブロックサイズが大きい

1つのブロックに書き込める情報量が小さいために、情報が目詰まりして送金に時間がかかる傾向が従来型の仮想通貨には多くあります。BitBeanはビットコインの20倍の大きさのブロックを使うため、送金が素早く、手数料が安いというメリットがあります。

BitBeanの将来性

ビットコインなどの仮想通貨では、ブロックサイズが大きな問題となります。

BitBeanはコミュニティの活動が活発であることが好材料です。

仮想通貨で重要なのは、実際にそれを使う人たちがどれだけ存在しているかということです。有用性が認められ、ビジネスや決済などに使われることによって需要が拡大し、価値も上昇します。

BitBeanには強いコミュニティが存在し、開発者チームも積極的に情報を発信しています。多少の乱高下もありますが、価値は確実に上昇しつつあり、今後の動きに注目したい通貨です。

BitBeanは他の仮想通貨と差別化出来るか?

Bean Cash (BITB) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2015年で、直後は大きな変動もなく推移していました。しかし2017年頃から大きく上昇しました。

ビットコインと比較してもメリットの大きいBitBean。仮想通貨は全体的に「ビットコインより優れている」とするものが増えてきていますが、どれも似たような機能が搭載されていて、差別化が出来ていない仮想通貨もたくさんあります。しかし、BitBeanは通貨としての流通を目指していて、送金に関する優れた機能が備わっています。今後、それを武器により機能に磨きのかかった仮想通貨として発展していくポテンシャルを持った仮想通貨なのではないでしょうか。

開発者コミュニティも活発で、一度は頓挫した開発を復活させるなどBitBeanを継続させる意志の強さも感じられます。今後、更にアップデートも進んでいくはずでしょう。

BitBeanの主な取引所