匿名でトランザクションできる仮想通貨のBitBay




BitBayとは?

BitBayとは、匿名でセキュリティの高い取引が行える仮想通貨です。通貨単位は「BAY」です。

匿名性が高く安全に取引が出来る点や、仲介者のいらないスマートコントラクトなど、取引をする立場のユーザーへのメリットが大きいところが特徴です。

BitBayの3つの特徴
  • 匿名性を担保したプラットフォーム
  • 双方が安全に取引できるシステム
  • 透明性が高くトラブルが起こりにくい

ブロックチェーン技術をベースにしたプラットフォーム

BitBayとは商品やサービス取引、ネットオークションのできるプラットフォームを指します。

通常仮想通貨を購入する場合、いったんビットコインなどメジャーな通貨を購入して、それと別の仮想通貨に交換する方式を取ります。しかしBitBayであれば、こちらのプラットフォームを利用して直接入手できるのが特徴的です。

BitBayのプラットフォームにはブロックチェーン技術を採用しています。

世界に点在するコンピューターがネットワークを構成することで運営する方式です。データが分散されているため、システムのハッキングがしにくく、安全な運用が可能です。

しかもこのブロックチェーンの元では、匿名でトランザクションを行うことが可能です。プラス分散した世界中のコンピューターが監視しているので、不正のない取引ができるわけです。

スマートコントラクトも導入しているBitBay

BitBayでは、スマートコントラクトのシステムも採用しています。

売買をする場合、一定量のBitBayを保証金のような形でロックしておきます。もし取引が問題なく完了すれば、売り手・買い手の共同口座から保証金が解放されるようになっています。

例えば売り手と買い手のいずれかが悪意を持ってトランザクションを行おうとした場合でも、先ほど紹介したロックされた保証金が失効してしまいます。このため、銀行などの仲介者がなくても、直接リスクのかからない環境でトランザクションが行えます。

分散型エスクローを採用したBitBay

オンラインショッピングをする場合、商品が届かないなどのトラブルが起きた場合決済を仲介するエスクローが介入する方式を取ります。こうすることで、売買トラブルを回避するわけです。

しかしBitBayの場合、分散型エスクローといって特定の人物や企業がこの役割を担っているわけではないで。それでも取引に関するすべての情報を検索できるようにしています。取引に関する透明性が担保されているので、特定のエスクロー役をつける必要がないわけです。

しかもこのデータは世界中のコンピューターに分散して管理しています。万が一特定のコンピューターにアクシデントが発生して機能しなくても、ほかのコンピューターがバックアップしてくれます。

BitBayの将来性

BitBay (BAY) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2014年です。取引直後は大きな値動きなく推移していましたが、2017年頃から価格が高騰し、2018年頃徐々に落ち着きを取り戻しました。しかし、現在は2017年の値が動き出した頃の価格で推移しており、取引直後よりも高値をつけています。

匿名性の高い仮想通貨はたくさん流通していますが、BitBayは情報発信が多く、公式サイトには詳しい説明がありロードマップも明確です。仮想通貨の中には、公式サイトが閉鎖されていたりSNSなど更新が止まっているものも多い中、TwitterなどSNSでの情報発信も多く、BitBayの進捗状況が手に取るようにわかり理解出来る点は評価すべきではないでしょうか。今後の動向を知る上で情報は多くあります。

BitBayの主な取引所