ハポアリム銀行とマイクロソフト提携がもたらす未来




この記事のポイント

・ハポアリム銀行とマイクロソフト社との協力
・協力関係がもたらす安全性の高い情報共有
・電子化がもたらす将来

ブロックチェーンを活用しさまざまな金融サービスに応用しようとする動きが活発化しています。中でもイスラエル最大の銀行であるハポアリム銀行とマイクロソフト社との協力に関するニュースは世界中を駆け回りました。イスラエルは仮想通貨に対する取り組みが世界の中でも最も進んでいる国家の一つで、国民の多くがビットコインなどの仮想通貨を利用しています。

仮想通貨が浸透した社会

仮想通貨が社会にこれほどまでに浸透しているのはイスラエル以外に実はまだそれほど存在してはいません。仮想通貨に対するイスラエルの取り組みは世界の注目を集め、政府もビットコインを「財産」として認定し、他国に先駆けてビットコインに対する税率を定めるなど仮想通貨を導入する動きを活発化させています

ブロックチェーンの安全性

ブロックチェーン技術がこれほどまでに注目される理由は秘匿性と暗号化技術の高さです。ブロックチェーンを利用した暗号化技術は資金だけでなく公的な文書も暗号化し、安全に送受信することが可能です。イスラエルはここに注目し、マイクロソフトとの技術協力を決定しました。世界に先駆けて行われる実証実験は、今後ブロックチェーンがもたらすIOT社会の実現を確かめる試金石ともなりえます。

ハポアリム銀行が取り組むこと

イスラエル最大の銀行であるハポアリム銀行がマイクロソフトと提携し、ブロックチェーン技術によるプラットフォーム開発を行うに至った理由は、銀行同士の情報交換をより安全かつスピーディーに行うためです。前述の通り、ブロックチェーンは優れた秘匿性を有しています。匿名で情報のやり取りができるため、銀行間や顧客との間で交わされる重要書類もオンラインでやり取りができるようになります。

真のペーパーレス社会の実現

これまで銀行と顧客との契約にかかわる一切の手続きは紙ベースで行われるのが一般的でした。もちろんデジタルベースで行われるケースもありますが、情報漏洩などのリスクを考えたときに、書類の直接的なやり取りが最も安全だと考えられてきました。これをすべてオンラインで行うためには、安全性と秘匿性が保障されなければいけません。ブロックチェーンはそのような理想をすべて解決してくれるため、ソフトウェア開発大手のマイクロソフトとの技術協力に踏み切りました。今後このプロジェクトが標準化されるなら、多くの銀行が後に続き、新たなブロックチェーン技術の活用の可能性が開かれることでしょう。