Atomic Coinとはどのような仮想通貨か?




Atomic Coinとは?

Atomic Coinは、2016年10月に取引開始された仮想通貨で、通貨単位は「ATOM」を使っています。

種類が異なる仮想通貨同士を、取引所経由ではなく個人間で取引できるという「アトミックスワップ」という取引方法が可能な通貨として注目されています。アトミックスワップはビットコインでも実装に向けて開発が進められており、今後の仮想通貨業界で重要とされているテクノロジーです。ユーザー同士に信頼関係がなくても、気に入ったコインを自分のコインと交換して利益を得ることが可能でですので、投資システムとしても有効と言われています。

Atomic Coinの3つの特徴
  • 新しい支払いシステム
  • 取引のやり方
  • 自由な取引が可能

新しい支払いシステム

Atomic Coinが注目されているのは、これが新しい支払いシステムになりうる可能性があるからです。

従来の経済は、それぞれの国や地域が独自にルールを定めて自己完結的にマーケットを形成しますが、Atomic Coinのように誰でも自由に仮想通貨を交換できるようになると、その地域で通用する仮想通貨を自由に入手できることになります。

ある地域ではビットコインが主流で、別の地域ではイーサリアムが中心であるとき、Atomic Coinの支払いシステムを使うと自由に低価格で交換が可能になります。

取引のやり方

Atomic Coinのアトミックスワップは、即席に暗号鍵を作成して、それを個人間でやり取りするという方法で取引されます。

互いに秘密鍵を持ったままコインを交換して、取引が成立したときにコインに掛けられた秘密鍵のナンバーを互いに明かします。秘密鍵はビットコインなどの仮想通貨で用いられる基本的な言語によって記述することが可能です。互いに鍵を明かして取引が成立した時点でアトミックスワップは完了します。

自由な取引が可能

アトミックスワップによるメリットは、取引所を利用することなく、個人間で仮想通貨のやり取りが可能になるという点です。自分が価値があると思っている通貨、コンセプトに共鳴した通貨、面白いと思った通貨を自由に手に入れることが可能になります。

Atomic Coinの将来性

Atomic Coin (ATOM) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

取引開始は2016年です。取引開始後から徐々に値上げの傾向に移行していき、2017年後半頃から更に値上げの傾向が強くなりました。2018年初頭の仮想通貨全体の盛り上がりと共に、最高値を記録します。その時期を過ぎてからは下降傾向で、現在ほとんど値動きもなく、取引自体も活発ではありません。

ビットコインでも実装が検討されているアトミックスワップは、今後の仮想通貨業界において重要な考え方になる可能性を秘めています。それを開発当初から搭載していたAtomic Coinには、大きな期待がかけられています。

しかし、公式サイトはアクセス出来ない状態が続いており、TwitterやFacebookをはじめとするSNSのアカウントは削除されています。bitcointalkには「詐欺コインでは?」という書き込みもあります。現在の動向がまったくつかめない状況なので、取引には十分な注意が必要でしょう。

仮想通貨の中には、機能を差別化出来なかったりロードマップを達成出来なかったりと様々な理由から、開発者が開発を放棄して動向がつかめなくなるという仮想通貨があります。いわゆる「詐欺コイン」などと呼ばれる仮想通貨も多く存在します。これらの仮想通貨との取引は避けるためには、情報収集を怠らずに行う必要があるでしょう。

Atomic Coinの主な取引所