中国系アルトコイン・Aschの特徴は?




Aschとは?

Aschは分散型ブロックチェーンで評価の高い、第二世代仮想通貨のイーサリアムをベースに開発されたアルトコインです。市場にリリースされたのが2016年ですから、イーサリアムから2年間の研究を掛けて登場した中国発の次世代通貨です。

Aschの特徴について

・Webアプリケーション開発が簡単なオープンプラットフォーム
・Aschにアプリを展開して独自のトークンが発行可能
・PoEによる承認システム

Webアプリケーション開発が簡単なオープンプラットフォーム

Aschは開発言語にJavaScriptを採用しているために、IT系エンジニアが参加しやすいプラットフォームとされています。DAppの開発に着手するWebアプリケーション開発者や企業系エンジニアにとって利便性の高いアルトコインだと言えるでしょう。もちろんオープンソースのプラットフォームですから、アプリもコンテンツも自由に展開でき、その流通ツールは仮想通貨のAschということで、金融機関を介さないクイックリーでローコストなビジネスモデルが展開できるでしょう。つまりファイナンスでありメディア媒体であり、特定の分野に限定されないAPIの舞台となり得る特徴を持っています

Aschにアプリを展開して独自のトークンが発行可能

AschはDPOSを利用して、取引の確実性を担保しています。またサイドチェーンのアプリケーションシステムが次世代型分散アプリケーションのステージとして機能し、低コストでハイリターンのコンテンツを可能にしてくれると期待されています。そこでコンテンツ・アプリの開発者は、このプラットフォーム上で独自のトークンを発行することができます。これはイーサリアムのサブ通貨に類似しますが、Asch上で造られたトークンはファイナンスや投資市場、不動産市場で資産としての価値を発揮することができるのです。サイドチェーン上のトークンは自由に取引できるだけでなく、他のアルトコインとの互換性も持つようになります。

PoEによる承認システム

このPoEsikino承認システムは、ドキュメントレベルの取引内容を認証できるように設定されています。それは通貨の流通だけにとどまらず、著作権や知的財産所有権等の特許登録が可能になるということです。

Aschを扱っている取引所

Asch (XAS) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

現時点で国内取引所の取り扱いがありません。そこで海外取引所を利用する必要がありますが、おすすめの取引所はBit zです。