モルガン・クリークの設立者・Anthony Pompliano氏の仮想通貨ヘッジファンドにおける予想




 

 Anthony Pompliano氏の予想とは?

ビットコインに好意的なことで知られるモルガン・クリークの設立者・Anthony Pompliano氏ですが、ビットコインの大暴落を受けて、「将来的に仮想通貨ヘッジファンドは閉鎖する」という予想をしました。なぜそのような予想をしたのかについて、Anthony Pompliano氏は2つの理由を述べました。

・ハイウォーターマーク式であるから
・SECがICOの規制を強化しているから

ハイウォーターマーク式であるから

Anthony Pompliano氏は1つ目の理由として、ハイウォーターマーク式であるからということを挙げました。ハイウォーターマーク式とは、成功報酬型とも呼ばれる報酬制度のことで、報酬を出来高によって決定することをいいます。この方式では、投資のときに基準価格がハイウォーターマークを上回った際に、ヘッジファンドの純資産から成功報酬が差し引かれるようになっています。

そのため、ヘッジファンドのマネージャーというのは、運用報酬として利益の20%受け取ることになっています。ところが、現在のビットコインの大暴落のような弱腰の市場が続いていると、仮想通貨ヘッジファンドが運用報酬を支払えなくなってしまいます。その結果、投資家にとっては辛い市場になってしまうことから、仮想通貨ヘッジファンドの閉鎖が余儀なくされていくことをAnthony Pompliano氏は予想しているのです。

SECがICOの規制を強化しているから

Anthony Pompliano氏は2つ目の理由として、SECがICOの規制を強化しているからということを挙げました。SECとしては、ICOに対する法整備をしなければならないという現実問題にたいしての対応ではありますが、Anthony Pompliano氏はそれを批判しています。SECはICOトークンが未認可証券として違法判決が出たことを受けて、さらに規制を強化する傾向にあります。

もし、SECがICOトークンに対してさらなる規制強化をした場合、ICO企業は倒産しなければならない事態になる可能性もあります。Anthony Pompliano氏はその可能性を指摘したうえで、市場全体に混乱が生じること、仮想通貨業界だけではなく、世界的な不況にもつながる可能性を示唆しています。ICO企業が倒産すると、ICOトークンの価値はゼロになることから、市場に大きな影響を与える可能性があるのです。