シカゴの投資会社Akuna Capitalでシニアパートナーを務めるToby Allen氏




 

Toby Allen氏は、アメリカ・イリノイ州シカゴにある投資会社の「Akuna Capital」でデジタルアセット部門のシニアパートナーを務める人物です。オーストラリア出身で、前職は高頻度取引で有名な「Optiver」のトレーダーでした。また、比較サイト「Finder」の仮想通貨業界レポートにも寄稿しています。

Toby Allen氏について

・オーストラリアのアナリスト出身で前職はOptiverのトレーダー
・シカゴの投資会社Akuna Capitalのデジタルアセット部門でシニアパートナーを務める
・仮想通貨の専門的知見を一般にも易しく解説

オーストラリアのアナリスト出身で前職はOptiverのトレーダー

Toby Allen氏はオーストラリア出身で、メルボルンの投資銀行「JT Campbell & Co」でアナリストとしてのキャリアをスタートさせました。その後、2008年からOptiverのトレーダーとして2012年4月まで約3年半を過ごします。現在のAkuna Capitalに入社したのも2012年4月で、そこでパートナーとしてシカゴを拠点に現在まで活躍中です。

シカゴの投資会社Akuna Capitalのデジタルアセット部門でシニアパートナーを務める

Toby Allen氏はAkuna Capitalのデジタルアセット部門の長を務めています。Akuna Capitalはシカゴにある投資会社で、創設者もAllen氏と同じくオーストラリア出身です。また、同地において最初にビットコインのデリバティブ取引を開始した会社でもあります。シカゴは投資の中心地として100年以上の歴史がある都市として知られていますが、その地で最先端技術に特化した投資を扱う企業として注目を集めました。Allen氏もその中核を担う存在として注目の人物です。

仮想通貨の専門的知見を一般にも易しく解説

Akuna CapitalにおいてAllen氏は、仮想通貨の専門家としてさまざまな活動を行っています。一般向けの講演も行い、仮想通貨業界の展望などを語っています。政府の介入が与える市場への影響や、次々と誕生する仮想通貨が市場に与える影響、どんな統計的指標が市場においてより良い知見となるか、各仮想通貨の採用するブロックチェーン技術がその価格について何を教えてくれるか、などといったことを研究しています。仮想通貨の比較サイトFinderにて、各銘柄の価格予想など各種レポートを寄稿していることでも仮想通貨ファンにはお馴染みです。