航空会社エールフランス‐KLMがブロックチェーン企業Winding Treeと提携




この記事のポイント

・エールフランス‐KLM、ブロックチェーン企業Winding Treeと提携
・Winding Treeはすでに複数の航空会社やホテルフランチャイズ企業と提携
・航空業界でのブロックチェーン技術・仮想通貨の導入が増えている

ブロックチェーン技術の導入がさまざまな業界の大手企業で進んでいますが、2018年10月、エールフランス航空とKLMオランダ航空の持株会社で航空業界では世界トップ5に入るとされる「エールフランス‐KLM」が、ブロックチェーン企業「Winding Tree」と業務提携することを発表しました。

Winding Treeは2017年に創設された、非営利で運営されているブロックチェーン企業です。既存のオンライン旅行代理店の市場では、少数の大手が市場の大半を占める状況にあって、新規参入や新しいビジネス展開を図ることが困難な状況になっていました。Winding Treeはこのような状況を打破することを目的として「分散型旅行供給システム」を提供、航空会社・ホテルと旅行代理店の橋渡し的な業務を行っています。その取引で使用するために、Ethereumをベースとする独自の仮想通貨「Winding Tree(LIF)」を発行しています。

航空・旅行業界におけるブロックチェーン技術への期待

Winding Treeはスマートコントラクトを利用したサービス提供を行っており、ホテルの空室状況や航空機の空席といった情報が管理可能です。Winding Treeのプラットフォームを利用することで、航空会社やホテルは仲介者を介する必要なく、客に対して直接サービスを行うことが可能になります。これにより、高額な手数料を削減できるわけです。

コスト競争の激しい航空・旅行業界において仲介手数料は大きな障害となる部分でしたが、ブロックチェーン技術の導入でそのコストを大きく削減できることから、航空業界ではブロックチェーン技術の導入を進める企業が増えています。Winding Treeはすでにルフトハンザやスイス航空、ユーロウィングスなど、数々の航空会社とも業務提携をしているということです。また、ホテルフランチャイズチェーンとしては世界第2位の「ノルディック・チョイス・ホテルズ」を始め、複数のホテルとの業務提携も行っています。

ブロックチェーン技術を導入する航空会社は増加しており、チケット情報管理の他、機体メンテナンスの記録管理にも応用されています。仮想通貨を導入する航空会社や空港も増加しており、今後も活用が広がっていくことは間違いありません。