Acoinの価格や特徴について解説




Acoinの概要について

2014年に公開されたAcoinは、世界の中でも比較的長い歴史を持っている仮想通貨の1つです。

現在では仮想通貨が発行される時にはプレセールなどが行われることがほとんどなのですが、このAcoinにおいてはプレセールなどは一切行われずに発行された独特の実績があります。2018年現在、価格は1枚あたり日本円にて0.7円で、時価総額は約965万円になります。

Acoinの特徴

・プレマインやプレセールが行われていないこと
・オープンソースによるプロジェクトである
・長い期間残ってきた実績のある通貨である

プレマインやプレセールが行われていないこと

上記で少し触れたように、最近発行される仮想通貨は基本的に発行される前に個人投資家達などに向けてプレセールやプレマインなどといった、いわゆるICOが行われています。

このICOを行うことで、個人投資家などは今後値上がりする可能性のある仮想通貨を安いうちに手にすることができたり、ICOを行う側にとっても早く資金調達が出来るなど、両者にとっての良いメリットがありますが、このAcoinではこのICOが行われていないという非常にユニークな公開の方法が採用されているのです。

オープンソースによるプロジェクトである

また、Acoinはオープンソースプロジェクトであるという特徴もあります。

オープンソースプロジェクトとは、仮想通貨の発行側の技術者だけでなく、第3者の誰でもプログラムの開発や改善に参加できる構造のことを指します。

この特徴があることで、Acoinでバグなどがあっても効率的にそのトラブルを解決し、良い状態を維持しやすくなっているのです。現在ではgithubでコードが公開されているので、知識がある方は一度チェックしてみると良いでしょう。

長い期間残ってきた実績のある通貨である

Acoin (ACOIN) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

近年、日本に限らず世界中で多くの仮想通貨が発行されてきました。

しかし、その発行された仮想通貨の中にはプロジェクトが成功せずに存在を維持することができなくなってしまったものも多くあります。

このAcoinは、上記で解説した通り2014年に公開されて以来、現在に至るまで流通し続けている実績を持っているのです。これだけ長い期間生き残り続けている仮想通貨は現在でも人気のあるイーサリアムなど、数えるほどしかありませんので、これもAcoinという仮想通貨ならではの大きな特徴だと言えるのです。