Tezos財団が役員チェンジ!新メンバーは誰?




Tezos財団の役員交代が行われました。2名が理事会を去り、新たに2名の役員が就任します。今回は、Tezos財団の新役員についてご紹介します。

新役員はRyan JespersonとMichel Mauny

Tezos財団は、全会一致でRyan JespersonMichel Maunyを理事会の役員に任命しました。 2人の新しいメンバーは、自主的に辞任することを決めたJohann GeversDiego Olivier Fernandez Ponsの代わりになります。

Ryan Jesperson
Tezosコミュニティのメンバー。
ブリガム・ヤング大学で学位を取得した後、デューク大学でMBAを取得。
最近では、フィンテック(仮想通貨のように金融とIT技術を融合させたもの)のDivivy社の最高執行責任者(COO)を務める。
Divvyに勤務する前は、LDS教会の自立支援活動の立ち上げに携わる。
医療業界のエグゼクティブ、企業再生のスペシャリスト、IT起業家。
Michel Mauny
Inria(フランス国立情報学自動制御研究所)の上級研究員。専門はプログラミング言語。
プログラム設計、ハードウエアやソフトウエアの製作・調整、プログラミング言語処理、ソフトウェア解析、タイプシステム(プログラムの動作確認)など。
パリディドロ大学で博士号を取得した後、1985年にInriaに入社。
Coq証明アシスタントとOCamlプログラミング言語を設計・開発した研究グループで、プログラミング言語の研究に取り組む。
1989年から2005年まで、OCamlを開発した研究チームのリーダーを務めた。

フィンテックを歓迎する町ツーク

Ryan Jespersonは、Tezosが拠点を置くスイスのツークに、家族で移住するつもりだと語っています。

スイスのツークは、ビットコインを正式な支払い手段として認めるなど、フィンテックを歓迎する町として有名です。そのため、ITの中心地であるサンフランシスコのシリコンバレーをもじって、「クリプトバレー」と呼ばれています。

Ryan Jespersonは、クリプトバレーの風土を維持し、スイスをブロックチェーン技術の中心地として確立するために尽力したいと語っています。

Tezosネットワークの立ち上げ計画

新たに理事会メンバーとなる2人のほか、2018年1月にもLars Haussmannが取締役に任命されています。理事会は、理事会メンバーに新たなメンバーが複数加わることを歓迎しています。

2名の新会員を理事会に任命すると同時に、財団はTezosネットワークのタイムリーな立ち上げを支援する準備をしています。

Tezosプロジェクトの重要な時期にTezosコミュニティのリーダーとなったRyan Jespersonは、理事会に参加することを楽しみにしています。

まとめ

Tezos内紛の中心人物、Johann GeversがTezosを去りました。企業再生のスペシャリストRyan Jespersonがリーダーになったことで、Tezosの今後の発展が期待されますね。