MoneyTrackについて詳しく説明!




サンドブロックモバイルアプリケーションチームは9月27日に、彼らのプラットフォーム上にTezosで構築されたブロックチェーンプロジェクトを開始するとの記事を発表しました。

なおサンドブロックモバイルアプリケーションチームとは、スマートコントラクトを活用して顧客とブランドを結びつけるための分散型プロトコルを作成しているチームのことです。

今回発表されたプロジェクトは「MoneyTrack」という分散型元帳ネットワークのことです。

ではMoney Trackとはどのような仕組みなのでしょうか。詳しく説明していきます。

この記事のポイント
  • Trackとは
  • Tezosネットワーク
  • ブロックモバイルアプリケーションのTezosキャンペーン
  • おわりに

MoneyTrackとは

MoneyTrackは、ギフトカードや消費者クレジット、保険の補償金の払い戻しの場面で役立つように開発されました。

ブロックチェーンネットワーク上に構築されたMoneyTrackは、受益者とその支払者のための信頼できるエコシステムを構築することを目指しています。

MoneyTrackブロックチェーンの仕組みは、MoneyTrackのトークンである「MTK」によって強化されます。このアルトコインは、有効期限がある取引およびその内容の電子化を容易にします。

MoneyTrackブロックチェーンネットワークは、金融機関と消費者の間のスマートコントラクトコントラクトに基づいて取引処理を検証します。

さらに、MoneyTrackを設計するために使用されるインフラプロトコルは中小企業に公開され、これにより、中小企業はそのプラットフォームのサービスを活用できます。

そして中小企業はTezosブロックチェーン技術をもとにした独自の分散型アプリケーションを開発することができます。

MoneyTrackの仕組みは、ネットワーク内すべての利用者にとって有益です。

金融機関の担当者(支払者)は、ブロックチェーンの統合によってプロセスを簡単にすることで、運用コストを削減することができます。

また、受益者は契約が自動的に成立するため、契約の履行を心配する必要はありません。

Tezosネットワーク

現在、MoneyTrackブロックチェーンの開発は、Tezosがそのコミュニティ内で開始した先駆的なプラットフォームの1つです。

そのデザインは、フランスの学術研究者および技術者のグループに認定されています。

Tezosブロックチェーンネットワークはゼロ知識証明を活用し、スマートコントラクトを正式に検証して取引を機密に保ちます。

ゼロ知識証明とは

証明者が別の承認者に対して与えられた情報が、「真実である」ということ以外の情報を相手に与えずに、その情報が実際に真実であることを証明する手法のこと。

ゼロ知識証明とは

このTezosブロックチェーンネットワークは、自己修正型台帳と言われています。

そしてTezosは、初期バージョンの立ち上げをして以来、コミュニティ運営の効率化を奨励してきました。

ブロックモバイルアプリケーションのTezosキャンペーン

このように初期バージョンを立ち上げてからコミュニティ運営の効率化を目指すイニシアティブは、新しい業界での指針となります。

特に新しく追加されたMoneyTrackは、Tezos活動に関する情報を一般の人に提供することを目的としています。

コミュニティ参加者は、この目的のために300,000 MTKのトークンを保有し、報酬を受け取ることを期待しています。

このプロジェクトの開発に積極的に関わっているユーザーは、MTKの報酬トークンを得る良い機会になります。

おわりに

ここまでMoney Trackについて説明してきました。

Tezosブロックチェーンの技術を取り入れたMoney Trackは、今後の普及が期待できると言えるでしょう。