Chorus Mobility社は輸送のためのブロックチェーン技術を担う会社




Chorus Mobilioty(コーラスモビリティ)という会社を知っているでしょうか?

今回Chorus Mobility社のCEOで創業者であるウィル氏は、Tezosブロックチェーンの開発を優先することを発表しました。

Chorus Mobility社は輸送のためのブロックチェーン技術の開発を担っている会社です。

Tezosブロックチェーンの技術を取り入れることで、どのような効果が期待できるのでしょうか。

詳しく説明していきます。

この記事のポイント
  • Chorus Mobility社がTezosブロックチェーンの開発を開始
  • Chorus Mobility社とは
  • 人と車をつなぐ
  • 車と車をつなぐ

Chorus Mobity社がTezosブロックチェーンの開発を開始

Chorus Mobility社は、Tezosが現時点で最先端のブロックチェーン技術の1つであり、Chorus Mobility社のニーズに最も満たしていると確信しました。

そのため、Chorus Mobility社はコンピューターの基本設計の開発において、Tezosブロックチェーンを優先順位の上位に選択しました

今日の自動車業界や航空宇宙業界では、みなさんも知っているかもしれませんが、ソフトウェアの正式な検証は必須条件です。

Tezosは、スマートコントラクトの有効性を証明する正式な検証を容易にし、コンピューターでつながれた自動車同士のセキュリティと新しいユースケースの両方を可能にする、ブロックチェーンのパイオニアでありリーダーなのです

ユースケースとは

利用者(人間や他の外部システム)が、とあるシステムを用いて特定の目的を達するまでの、利用者とシステム間のやり取りを明確に定義したもの。

このようなTezosの技術が、自動車業界に応用できるとChorus Mobility社は考えたのです。

Chorus Mobility社とは

Chorus Mobility社とは、輸送のためのブロックチェーン技術を研究開発している企業です。

Chorus Mobility社は、ブロックチェーンをベースとしたピアツーピア決済規約の研究開発に注力しています。

ピアツーピアとは

コンピューター同士が対等に接続している状態のこと。

ピアツーピアとは

またコンピューターに接続された自動車同士が相互にやり取りできるアプリケーションの研究開発に注力しています。

将来的には、接続された自動運転車両にさまざまな新しいユースケースを可能にする相互運用可能なブロックチェーンソフトウェアとハードウェアを設計しています。

人と車をつなぐ

Chorus Mobility社は、自動運転のタクシーに関する取引で、安全でかつ利便性の高い取引ができることを目指しています

将来、自動運転のタクシーが街中を走る時代が来るでしょう。

自動運転タクシーの到来で、ブロックチェーンの技術を応用すると、あらゆるタクシーの乗り継ぎ方法や支払い方法で、安全性と信頼性の高い取引ができるようになります。

ブロックチェーン技術を応用すると、一つのタクシー内にいる複数の乗客間での支払いを共有することや分割することもできるようになります。

車両と車両をつなぐ

将来、自動運転型車両は、車両同士が相互にやり取りするための独自の安全で信頼できるネットワークプロトコルが必要になります

渋滞を避け、交通の効率を高めるために、このシステムは経済的な損得に基づいて道順を優先できる仕組みを構築します。

また、 有料の優先レーンを使用している場合、1秒あたりの走行距離で支払いができるようになるでしょう。

おわりに

Chorus Mobility社は他にも、分散型プラットフォームやオフチェーンガバナンスの研究にも取り組んでいます。Tezosの技術を取り入れて、今後の拡大を目指しています。

今後の動向が楽しみな会社です