AirGapはTezos財団から助成金を受け取る




AirGapというアプリをご存知でしょうか。

AirGapは暗号型ウォレットのことですが、今回Tezos財団によってAirGapに助成金が提供されることになりました

Tezos財団の主な目標は、分散アプリケーションやウォレットプロジェクトなどの請負業者をサポートし、Tezosブロックチェーン技術の発展に貢献することです。

この助成金がAirGapに提供されることにより、AirGapの利用者たちに対して、Tezosプロトコルとそのエコシステムのための安全性が高いモバイルキー(携帯電話認証サービス)の処理システムを提供することを可能にします。

AirGapに機能を追加し、セキュリティと利便性の面で現在のシステムを改善することができるのです。

AirGapとは暗号型ウォレットのこと

AirGapは暗号化ウォレットのことで、暗号化された資金を携帯電話に安全に保管することができます。

現在、AirGapに保管できる通貨は、イーサリアムやビットコインなどがあり、これらの通貨を保管することをサポートしています。将来はさらに多くの仮想通貨を追加する予定です。

AirGapには2つのアプリがあり、暗号化された資金を扱う際のセキュリティを強化します。

1つ目のアプリがAirGap Walletです。

このアプリは一般公開情報のみを扱い、ブロックチェーンへの取引のブロードキャストを担当するアプリです。

2つ目のアプリがAirGap Vaultです。

別のスマートフォンにAirGap Vaultをインストールし、そのスマートフォンをネットワークに接続すると、最高のセキュリティが得られます。

AirGap Vault では、秘密鍵が生成され、AirGap Vaultアプリと共に別のデバイスに安全に保存されます。 AirGap Walletを使用するにはAirGap Vaultをインストールする必要があります 。

2つのアプリを稼働させることによって、暗号型ウォレットを安全に使用することができます

助成金による利便性とセキュリティの改善

今回の助成金は、AirGapに対して、利用者の利便性を犠牲にすることなくセキュリティを高める方向性を提示しています。

助成金による技術開発は、セキュリティを犠牲にして採用するべきではありません。セキュリティが最優先となります。

AirGapアプリケーションは、分散アプリケーションや取引所、その他のウォレット開発のプロジェクトの分野でパートナーを探しています。今回はTezosをパートナーとしたのです。

教育

AirGapアプリが、今回のTezosのように、パートナーの技術の採用をさらに推進するためには、基本的なセキュリティ対策をユーザーに深く知ってもらうことが必要となります。

今後ユーザーに対して、Tezosブロックチェーンが従来と同じようにセキュリティ性能の高い機能を提供することを教えることが必要です。

そのため安全なキー操作などのトピックに関するワークショップやウェブセミナーを開催していきます。

なおデベロッパーツールについては、現在構築しているツールやライブラリはオープンソースであり、これらのツールやドキュメントをさらに改善し、より簡単で簡単に統合することができます。

オープンソースとは

誰にとっても理解しやすいプログラミング言語で書かれたコンピュータプログラムであるソースコードを、広く一般に公開し、誰でも自由に取り扱うことができるという考え方。また、そのような考えに基づいて公開されたソフトウェアのこと。

オープンソースとは

おわりに

AirGapアプリケーションは、TezosやTezos財団と密接に協力し、安全でセキュリティ性能の高いソフトウェアを提供していきます

Tezos財団から助成金が提供されることによって、さらに技術を発展させ、アプリケーションが普及していくことでしょう。今後の動向から目が離せませんね。