マイナーコイン取扱数豊富なCryptopia




Cryptopiaとは

Cryptopia(クリプトピア)はニュージーランドを拠点として、2014年に設立した仮想通貨取引所です。

国内の取引所では未上場のアルトコインを扱い、取り扱い通貨は500種類以上と群を抜いています。仮想通貨取引に慣れてきて、まだ注目を浴びていないコインを発掘し刺激的な通貨取引をしたい人たちから注目を浴びている取引所の一つです。

もちろんBTCやETHといったメジャーなコインや、XEMやTRXといった一部の人たちからの注目を集めている通貨なども取り扱っています。ただし、中には現時点ではほとんど価値がないとされているコインも紛れていることもあるため、注意が必要な面もあります。

メリットとデメリット

何といっても600種類近い通貨を取り扱っていることが、この取引所の特徴です。中にはマイナーコインが10倍以上の値上がりを見せるという例も少なくありません。

例えば歯科医療産業向けに発行されたICO通貨「DENTACOIN」、ICOを行った通貨が直後に上場するといったケースもあり、様々な可能性を秘めているといえます。このように1ドル以下の通貨が豊富であり、交換可の通貨が多いため利用しやすいといったメリットがある一方で、中には信頼性が薄いコインもあるので、注意を働かせながら選択していくことが必要です。

また海外取引所のため円は使えず、日本語未対応なため英語力が求められます。

メリット
  • 600種類近い通貨の取り扱い
  • 1ドル以下の通貨が豊富
  • 交換可の通貨が多いため利用しやすい
デメリット
  • 中には信頼性が薄いコインもある
  • 円は利用不可・日本語未対応